leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」大21期(平成30年2月期向け)法規のシラバス

       第21期(平成30年 2月期向け)
         「法規」のシラバス

皆様、今日は。 当塾を主宰いたします TOITA です。
これから平成30年2月の試験に向けて半年間に渡って
当講座でお話いたします内容が決まりましたので発表
いたします。


皆様のこれからの学習計画にお役立て下さい。

第1章無線局の免許
 1-1.無線局の開設(法4,6)
 1-2.無線局の変更検査(法18)
 1-3.免許状の交付・訂正・返納(法14,21,
     24、施38、局免23)
 1-4.無線局の廃止(法22~24,78、113)

第2章無線局の運用
 2-1.混信の防止(法56)
 2-2.混信防止の措置(運15)
 2-3.無線局免許記載事項遵守の運用(法52
     ~55,57)
 2-4.航空機局の運用/航空局の指示(法70、
     運142)
 2-5.義務航空機局の聴取電波(法70、運
     147)
 2-6.義務航空機局の無線設備の機能試験(
     運9)
    2-7.   呼出し及び応答(運18,19,20,22
     23.26.154)
 2-8.不確実な呼出に対する応答(運26、14
     18)
 2-9.試験電波の発射(運39、14、18、154)
 2-10.ノータムの定義と通信順位(運150)
 2-11. 遭難航空機が遭難通信に使用する電波(
     運168)
 2ー12. 遭難通信の取り扱い(法52、66,67、
     70)
 2ー13. 遭難通報の宛先(運169)
 2ー14. 遭難通報に応答した航空局、航空機局の 
       取るべき措置(運171、172)
 2ー15. 遭難通信が終了した時の宰領局のとる措
     置(運174)
 2-16. 緊急通信が行われる場合(法52)
 2-17. 航空局等が緊急通信を受信した時の措置
     (法67,70、運93,176、177)



第3章監督
 3-1.無線従事者の法令違反に対する処分(法
      79)
 3-2.総務大臣への報告(法80)

第4章業務書類
    4ー1.  免許状の掲示(施38) 
   4-2. 無線業務日誌の記載事項(施39,40)

第5章無線設備
 5-1.電波の型式(施4)
 5-2.航空機用救命無縁機の一般条件(設45
     )


第6章無線従事者
 6-1.無線設備の操作(法39、施34)
6ー2.   主任無線従事者の監督の元に行える操作
 6ー3.   免許証の交付・返納・再交付(従47、
     50、51、施38)
 6ー4.   


第7章国際電気通信連合憲章
 7-1.違反の通告(無線通信規則15)
 


以上
※学習内容は、予告なく順番が変わる事があります。予め
 ご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思われる事柄
   をお話してまいりますが、これで全てでは、ありません
  。
 当講座でご理解頂ければ、当講座でお話ししない事柄も
 興味を持ちご理解して頂ける様になります。
 それでも、お分かりにならない事は、当講座にご質問下
  さい。
  但し、ご質問は、会員登録された会員様に限らせて頂き
  ます。
※シラバスを見て頂きました様に学習内容は、多いので
   しづつ勉強を続けて下さい

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













スポンサーサイト
テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期(平成30年2月期向け無線工学のシラバス

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第21期無線工学のシラバス

平成30年2月期向け 第21期受験講座でお話をい
たします内容が決まりましたので お伝えいたし
ます。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?
 2. 電波の輻射
 3. アルフォード・アンテナ                    
 4. 小電力用同軸ケーブル
 5. 導波管の特徴

第2章 航法支援施設
 1. VOR/DME
 2. ASDE
 3. ILSの地上施設


第3章 半導体・電子管・電子回路
 1.  半導体とは?
 2.  ダイオード
 3.  トランジスター
 4.電流増幅率αとβの関係
 5.  FETの一般的特徴
 6.負帰還増幅回路



第4章 DSB送受信機
 1.  AM(A3E)とは?
 2.A3E送信機の構成
 3. スーパーヘテロダイン受信機の動作
  4.受信機の性能(感度・選択度・忠実度)


第5章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.PLLによる直接変調器の原理

第6章SSB送受信機
 1.SSBとは?
 2.平衡変調回路の出力と周波数成分
 3.SSB受信機の構成


第7章 通信方式その他 
 1.  DSB方式に比べてのSSB方式の特徴
 2.  全世界測位システム(GPS)


第8章 電源
 1.  鉛電池の動作状対(充電中)
 2.  浮動充電方式の特徴
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの左手の法則

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  直流回路
 5.  RLC並列共振回路



以上


※学習内容は、予告なく順番が変わる事があり
 ます。
   予めご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思
 われる事柄をお話してまいりますが、これで
 て全てでは、ありません 。
 当講座でご理解頂ければ、関係する事柄も興
 味を持ちご理解して頂ける様になります。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (9)遭難通信その1(使用する電波)

             第2章無線局の運用
          (9)遭難通信その1
         (遭難通信に使用される電波)
        赤紫色文字は、法規の用語解説
          のページを参照して下さい。


今回から「遭難通信」のお話をします。「遭難通信」は、航空
機の通信に於いて最も重要な事柄です。
よって、一番出題数が多いのも「遭難通信」です。しっかり理
解していざと言う時にも対処出来る様にして下さい。


比較的新しい問題で「遭難通信が行われる場合」と言う問題が
あります。
今回は、この問題に絡めて遭難通信は、誰を相手先とすれば良
いのか等のお話をします。
航空機 のパニック映画の 主人公にでもなったつもりで 読んで
頂くと頭に残るかもしれませんね。


それぞれの無線局には、無線局の種別毎に通信内容が決まって
います。
例えば、放送局でしたら、放送を目的とします。また、航空関
連の無線局でしたら、航空管制・運航管理等の為の通信です。
その目的は、無線局の免許状にも書いてあります。その為、目
目的外通信は、一部例外事項を除いて出来ません。
勝手に好きな内容を通信していたら収拾が付きません。その為
、「目的外通信の禁止」が定められています。遭難通信は、目
的外通信の例外事項ですので通常ならばしては、いけない事な
のですが、必要な時には、しなければならない事ですので、そ
れを行った時には、その後の措置迄、定められています。

1.遭難通信が行われる場合
遭難通信とは、航空機が墜落や衝突、火災等の重大かつ急迫の
危機に陥った時自力で人命財貨(財産的価値のある物)
守れなくなった事態において遭難信号(遭難信号とは、「遭難
」または、「メーデー」と言う言葉です。) を 前置(前置き)
して行われる通信です。

2.遭難通信の特例
通常の通信は、無線局の免許状に記載されている範囲で運用し
なければなりませんが、非常の事態ですので以下の特例が定め
られています。

 ・免許状に記載されている通信相手、通信事項、運用許可時
  間、電波型式、周波数、送信電力によらなくても構いませ
  ん

 ・他の無線局へ混信を与えても構いません
 ・優先的に取り扱われます。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング



















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (8)ノータムの定義と通信の優先順位

          第2章無線局の運用
     (8)ノータムの定義と通信の優先順位
     赤紫色文字は、法規の用語解説のページ
          を参照してください。

今回は、 ノータムの定義と 航空移動業務における通信の優
先順位についてのお話を致します。

1.ノータムとは?
 ノータムって聞いた事がある様な 無い様な言葉で、 意味
 が分かる様な分からない言葉ですが、  パイロット及び航
 空関係者にとって 大変重要な言葉ですので、 ここでハッ
 キリさせておきましょう。
 ノータムとは、 無線局運用規則第150条の2に以下の様に
 書いてあります。
 
 航空施設、航空業務、航空方式又は、航空機の航行上の障
 害に関する事項で、航空機の運行関係者に迅速に通知すべ
 きものを内容とする通報を言う。

 と書いてありますので、 これで全てを言い表しています
   が、チョット実感できませんので、もっと平たく考えてみ
 ます。

 航空機の運行関係者とありますが、とくにパイロットへ伝
 える通報の内、恒久的なもの、長期に渡るもの、短期的な
 ものがありますが、ノータムは一時的短期的もので
 速やかに伝える必要のある情報です。 
   その具体的な例を挙げてみますと
 
 航空施設・・・・・・・・・ILSの故障
 航行上の障害・・・・・航空ショーや軍事訓練等

 ちなみにノータムとは、"NOTAM"と表記され NOtice To
   AirMen の事です。
 
2.通信の優先順位


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング


















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (7)試験電波の発射

            第2章無線局の運用
         (7)試験電波の発射他 
                    赤紫色の文字は、法規の用語
         解説のページを参照して下さい。 

今回は、 試験電波の発射と電波の発射前の措置について
のお話を致します。

1.電波の発射前の措置 
  特に航空無線の様に同じ周波数を多くの局が使用して
 いる場合での呼出のお話です。
 
 1-1.受信機を最良の感度に調整し以下の電波で混信
     を与えない事を確認の為の聴取 をします。 
   ・発射しようとしている電波の周波数
   ・その他必要と認められる周波数

   2番目のその他必要と認められる周波数とは、 送
   信機は送信しようとしている周波数の整数倍や整
   数分の一の周波数をも輻射してしまいますので、
   それらの周波数。そして、電波の型式による占有
   帯域幅内の周波数もその他の必要な周波数となり
   ます。

 1-2.聴取を要しない場合
   ・遭難通信
   ・緊急通信
   ・安全通信
   ・非常通信
   ・他の通信に混信を与えない事が確実な電波を使
     用する場合

   最初の4つは、他の通信に優先されますので  元々
   混信を与えても良く、なにより、 発射しようとし
         ている周波数の使用状況を確認するよりそれらの
         通信を行う事が先です。
    最後の、混信を与えない事が確実とは、放送用電
   波の様に 独占的にその周波数を使用している場合
   が挙げられます。携帯やスマフォも送信する前の
   措置は、不要ですね。

  1-3.混信を与える恐れがある場合
    1-2 項以外の場合、 現に行われている混信を与え
    る恐れのある通信が終了するまで 呼出を行っては
   、いけません

2.試験電波の発射

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング


















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (6)呼出及び応答

         第2章無線局の運用
        (6)呼出し及び応答
     赤紫色 文字は、法規の用語解説
       のページを参照して下さい。


今回から具体的な通信方法についてのお話を致します。 
と言いましても何の事かサッパリ分からないと言う方が多
い事と思います。
皆様が、友達に電話を掛けるとします。電話を掛ける目的
は、要件を伝える事です。
この要件を伝える事を通信と言います。 
無線で通信を行う事が無線を使う目的なのですが、電話に
振り返って、要件を伝える前の手順を考えてみましょう。
 1. 相手の電話番号を押す。
 2.「もしもし」・・・・・・・・・・1 回又は、数回
 3.「そちらは、何々さんですか?」・・・ ・・・1回
 4. 「こちらは、何々です。」・・・・・・・・・1回 
1~4 迄を無意識にされていると思いますが この行為を
絡設定
と言います。 
中には、急いで、連絡設定を行わないまま、通信に入って 
間違い電話であった事に 気づくと言う事も時々あります。
連絡設定を行うのは、相手を確認し、相手に自分を認識さ
せる事で、 通信を行っても問題が無い事を確認します。 
相手が自分の話をしたい相手である事を確認せずに大事な
事を話す方は、いませんよネ。 
2番は、通信状態を確認するために行います。
場合によって、相手から「お電話が遠いのですが。」等と
言われる事があります。
それでは、無線の場合を考えています。
無線局には、色々な種類がありますので、航空局 と 航空
機局 に限ってみましょう。 
例えば、東京コントロールが青空航空1243便に対して通
信する必要があるとします。
その空域には、 複数の航空機が飛行していて その中には
、 多くの航空機局 が東京コントロールから指示された、
周波数を受信しています。
その中から東京コントロールは、青空航空1243便を指定
する必要があります。
電話で相手の番号を押す行為と同じ目的です。
ネットでも航空無線を聞く事が出来ますので、一度  以下
のサイト名をクリックしてみて下さい。

    LiveATC.net

それでは、前置きが永くなりましたが  相手局を呼び出す
方法からお話を致します。




続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (5)義務航空機局の機能試験

           第2章無線局の運用
        (5)義務航空機局の無線
          設備の機能試験
      赤紫色文字は、法規の用語の
       解説ページを参照して下さい。


今回は、義務航空機局の無線設備の機能の維持と試験電波の
発射についてのお話です。
航空機局 と 書かずになぜ、義務航空機局 と書いてあるので
しょうか?
是非、当ブログの「法規の用語解説」のページで調べておい
て下さい。

それでは、本日のテーマである無線設備の機能維持のお話で
す。
1.義務航空機局の無線設備の機能維持
1-1.飛行前の確認
 言われなくても当たり前ですが、飛行の前には、無線設備
 が完全に動作する事を確認しておかなければなりません。
 もし、無線が使えないとしたらどんなに怖いフライトにな
   るでしょか?
  いや  その前に機体を滑走路へ移動する事も出来ませんネ
  。

1-2.定期的な機能試験
 1,000 時間の使用毎に1 回以上の項目の試験をしなけれ
 ばなりません。

 ・送信装置の
出力
 ・送信装置の
変調度
 ・受信装置の選択度
 ・受信装置の感度
 以上の項目が無線設備規則で規定されている性能でその性
 能を維持する必要があります。

 ※感度とは 受信機がどの程度の弱い電波迄受信出来るか
       を表す性能です。
 ※選択度      航空無線の電波の幅は、6 [kHz]です。例え
       ば送信周波数が100 [MHz]としますと100[ 
                     MHz] の周波数の上下に各 3 [kHz] の 幅が
       あります。 受信機で受信できる幅が100 [M
       Hz] の上下3 [kHz]なら問題がないのですが
       、受信機が受信する幅が、上下 各10 [kHz]
       としますと  受信周波数に近い別の局の通信
       が混じってしまいます。目的外の通信が混じ
       ってしまう事を 混信と言います。 どれだけ、
         必要な周波数幅だけの受信で済むかと言う事
         を選択度と言います。
         周波数幅を選択する度合いと言う事です。


2.試験電波の発射
 無線機の試験や調整の為に、試験電波を発射することがあ
  ります。法規の最初でもお話をしましたが、電波は、 多く
  の無線局が使用していますので、周波数が限られています。
  その為、試験電波を発射するには、 他の通信へ混信を与え
  ない事を確認する必要があります。
  最近の無線機は、通信士が調整するツマミ類が 少なくなっ
  ていると思いますが、昔の無線機は、 調整が上手くできて
  いないと発射した電波の周波数以外にも多くの別の周波数
  の電波を輻射してしまい多くの局に迷惑を掛ける可能性が
  ありました。
  その為 運用規則では、 試験電波の発射に使用する 電波の
  周波数以外にも必要と認める周波数について受信し、今、
  試験電波を発射しても他の局へ混信を与えないか確認して
  から発射する様に書いています。

2-1.試験電波の発射方法

続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (4)義務航空局の聴取義務

         第2章無線局の運用
      (4)義務航空機局の聴取電波
      赤紫色の文字は、法規の用語解説
       のページを参照して下さい。

今回は、義務航空機局の聴取電波”につていのお話をしま
す。

法規を勉強する場合、法律用語は  英文の単語と同じです
。 その単語の意味がアヤフヤだと 文書全体の意味が分か
らなくなります。


法規を勉強する場合、当ブログでは、 右下のカテゴリー
の中に”法規の用語解説”がありますので 必ず、当ブログ
に出てくる赤紫色の文字は、その都度その都度、 調べて
おいて下さい。
今回のテーマの中にも、義務航空機局と 航空機地球局
言う言葉が出てきます。
1つだけお話しますので、後は、”法規の用語解説” のペ
ージをご覧下さい。

  義務航空機局とは?
        航空法第60条で言う所の国土交通省令
        で定める 姿勢・高度・位置・針路の測
        定装置と無線電話装置を 持っている航
        空機局で無線設備を 常に正しい状対に
        態にしていなければならない 航空機局
        を言います。

簡単にいいますと、 航空機の姿勢等の測定器と無線電話
を常に 正常に保っておく義務のある無線局と言う事にな
ります。

ここで言う航空機局とは、 航空機の中に開設する無線局
の事です。 ちなみに航空機局と交信する陸上に開設する
局は、航空局とよばれ、 管制塔や自社の航空機と交信す
るカンパ二―無線の陸上局がこれに当たります。
法律の文書を読んでいますと、 カンパニー無線の存在を
知りませんと意味が分からなくなる法律文書もあります。
この様に法規を勉強する場合

  1 法律用語の意味を知る
  2  その法律が作られた背景を知る

以上の2点が重要です。

法律用語で試験に必要な範囲は  当ブログの”法規の用語
解説”で説明していますが 2 のその法律が作られた背景
を調べる事は、容易な事では、ありません。
また、法規の参考書などでは、その法律が作られた背景
等は、 当然、書いてありません。
当ブログでは、その作られた背景もお話していますので
、是非、継続してお読み下さい。
さて 、義務航空機局の続きですが、 これに当たるのは、
各航空会社が運行している航空機です。それらの航空機
のコックピットを思い浮かべて下さい。
エンジン等機体の状対を示す計器の他、先程も述べまし
た航空機の姿勢や高度等を示す計器と無線機があります
す。無線機の存在は、分からなくても、パイロットがヘ
ッド・セットを付けていますので、その先に無線機があ
る事がうかがい知れます。



前置きが長くなりましたが重要な事なのでお話をいたし
ました。
さて、本題に入ります。

(1)義務航空機局 の聴取電波(聴取義務)



続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?