leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期(平成30年8月期向け)電波法規のシラバス

     第22期(平成30年 8月期向け)
        「法規」のシラバス

皆様、今日は。 当塾を主宰いたします TOITA です。
これから平成30年8月の試験に向けて半年間に渡って
当講座でお話いたします 内容が決まりましたので 発
表いたします。


皆様のこれからの学習計画にお役立て下さい。

第1章無線局の免許
 1-1.  無線局の免許(法4条)
 1-2.  無線局の免許内容の変更(法17、19)
 1-3.  免許状の交付・訂正・返納(法14、21、
       施38、局免)

第2章無線局の運用
 2-1.  秘密の保護(法59、109)
 2-2.  無線局免許記載事項遵守の運用(法52~
                55、57)
 2-3.  航空機局の運用/航空局の指示(70の2、 
       運142)
 2-4.  義務航空機局の聴取電波(法70の4、運
       142)
 2-5.  義務航空機局の無線設備の機能試験(
                9の2、3)
 2-6.  不確実な呼出に対する応答(運26、14、
       18)
 2-7.  呼出及び応答(運18~20、22、23、26
         、154)
 2-8.  航空移動業務等の局の執務時間(無通40
             、47)
 2-9.  使用電波の指示(運154)
 2-10.   遭難通報に応答した航空局、航空機局の
       取るべき措置(運171の3、172の2~3)
  2ー11.   遭難通信及び緊急通信の取扱(法52、66
         、67、70)
  2ー12.   遭難通信が終了した時の宰領局のとる措
       置(運174)
  2ー13.   航空局等が緊急通信を受信した時の措置 
       (法67、70の6、運93、177)


 


第3章監督
 3-1.  臨時の電波の発射の停止(法)
 3-2.  無線局の検査(法73)
   3 ー 3.    免許人が法及び命令に違反した時に受け
       る処分(法76)

第4章業務書類
    4ー1.     航空機局又は、航空機地球局に備える業
       務書類(法60、施38)
   4-2.   免許の掲示(施38)
 4-3.   無線業務日誌の記載事項(施39、40)



第5章無線設備
 5-1.  電波の質 送信設備・受信設備(法28、
                29)
 5-2.  義務航空機局の有効通達距離(施31の3)


 
第6章無線従事者
 6-1.  航空無線通信士の無線設備の操作範囲(
                施行令3)
  6ー2.     主任無線従事者の監督の下に行える操作
       施33)
  6ー3.     免許証の交付・返納・再交付(従47、50
                、51、施38)
 


第7章国際電気通信連合憲章
 7-1. 違反の通告(無線通信規則15)
 
第8章総則
 8 ー 1.   電波法の目的


 


以上
※学習内容は、予告なく順番が変わる事があります。
   予めご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思われる事
   柄をお話してまいりますが、これで全てでは、ありま
   せん。
 当講座でご理解頂ければ、関係する事柄も興味を持ち
   ご理解して頂ける様になります。
 それでも、お分かりにならない事は、当講座にご質問
   下さい。
   但し、ご質問は、会員様に限らせて頂きます。
※シラバスを見て頂きました様に学習内容は、多いので
   少しづつ勉強を続けて下さい


※この記事は、TOITAの「航空無線通信士受験塾」の
 記事を転記したものです。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














スポンサーサイト
テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期(平成30年8月期向け)無線工学のシラバス

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第22期無線工学のシラバス

平成30年8月期向け 第22期受験講座でお話をい
たします内容が決まりましたので お伝えいたし
ます。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?
 2. 電波の輻射
 3. 半波長ダイポール・アンテナ                    
 4. 八木アンテナ
 5. VHF帯とUHF帯の電波伝播
 6. 小電力用同軸ケーブル

第2章 航法支援施設
 1. ASDE
 2. レーダのMTIとドップラー効果


第3章 半導体・電子管・電子回路
 1.  半導体とは?
 2.  ダイオード
 3.  トランジスター
 4.エミッター接地増幅回路の電流と電圧
 5.電圧利得の計算[dB]
   6.FETの一般的特徴


第4章 DSB送受信機
 1.  AM(A3E)とは?
 2.スーパーヘテロダイン受信機の動作

第5章 SSB送受信機
 1.平衡変調回路の出力の周波数成分
 2.SSB受信機の構成例

第6章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.PLLによる直接変調の原理
 3.F3E受信機のスケルチ回路の働き


第7章 通信方式その他 
 1.  全世界測位システム(GPS)
 2.  パルス変調(PCM)の特徴と構成


第8章 電源
 1. 電池一般
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの左手の法則

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  直並列回路の枝路に流れる電流
 5.  RLC並列共振回路
   6.  有効電力・無効電力・皮相電力




以上
※学習内容は、予告なく順番が変わる事があり
 ます。
   予めご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思
 われる事柄をお話してまいりますが、これで
 て全てでは、ありません 。
 当講座でご理解頂ければ、関係する事柄も興
 味を持ちご理解して頂ける様になります。
 それでも、お分かりにならない事は、当講座
 にご質問下さい。
   但し、ご質問は、会員様に限らせて頂きます
  。
※シラバスを見て頂きました様に 学習内容は、   
 多いのでしづつ勉強を続けて下さい

法規のシラバスは、次回発表致します。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第10章電気回路 (3)コンデンサーの働きその1

            第10章電気回路
        (3)コンデンサーの
           働きその1

今回から、 前回の抵抗に続いて電子回路の重要部品で
あるコンデンサーについて3 回に分けてお話をします。

コンデンサーとは、原理的には、誘電体(絶縁物) を両
側から2枚の金属板で挟んだ物です。
よって、コンデンサーには、電流が流れません。
電流の流れない部品が何故、重要なのでしょうか?


実は、電流が流れないのは、直流の電圧を加えて ある
程度の時間が経った後の話なのです。
と言う事は、極短い時間ならば、 絶縁部の両側を金属
板で挟んだコンデンサーに 電流が流れると言う事なの
でしょうか?
なにやら面白そうですね。
この記事の見出しでもお話をしましたが、 コンデンサ
ーもコイル同様に無ければ 無線機やアンテンそして電
子機器や電気機器(洗濯機等主たる部品が電子部品でな
く電源に交流を使う機器)も存在しません。
この様に重要な部品ですが、 極めて高い周波数を扱う
電子機器や無線機の中では、意図しない コイルやコン
デンサーが形成されてしまい、 設計通りの性能や機能
を果たさない場合が生じてしまう 厄介物となる事もあ
ります。
携帯電話や スマフォの開発には、必ず、ついて廻る問
題です。
何故、その様な事になるかを含めてお話をします。

それでは、コンデンサーとは、何か?  を 具体的に見て
行きましょう。
(1)コンデンサーとは?
  コンデンサーとは、電気(電荷)を蓄える物だと思っ
      て下さい。
  電荷については、 特にコンデンサーで 重要ですの
      で、第9章の電磁気の記事を見直しておいて下さい
      。

(2)構造は?
  下の図をご覧下さい。A とBは、金属板で、ε と書
      いてあるのは、誘電率がεの誘電体(絶縁物)です
      。原理的な構造は、これだけです。
  誘電率については  第9章の電磁気で復習しておい
     て下さい。
  誘電率が何か覚えていられる方は コンデンサーが
     どの様な物かある程度  察しがついた事と思います
      。後で触れますが、 コンデンサーとは誘電体を分
  極させる物と言う事が言えます。
  
  
(3)コンデンサーの性能?
  (1)でコンデンサーは、電荷を蓄えると言いまし
   たが、その蓄える電荷の量静電容量と言います。



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第10章電気回路 (2)抵抗回路その2

             第10章電気回路
          (2)抵抗の働きその2


前回は、直流回路での抵抗の働きと 合成抵抗値の求め方
のお話をしました。
今回は、交流回路で 抵抗がどの様に働くのかと言うお話
をします。
そして、最後に、前回出題いたしました、 演習問題の解
答を行います。 



1.交流回路に於ける抵抗の働き
今回のテーマは、 抵抗に交流の電圧を加えた時の電圧と
電流の関係です。

交流は、時々刻々とその値を変化させています。
抵抗に掛け瞬間的な電圧を v とします。瞬時的な電圧
(時電圧)とは、 時間と共に時々刻々と変化し続ける電
圧の一瞬の電圧を言います。その値は、 交流電源のスイ
ッチが入ったっ時の”位相 (発電所から送られて来る電気
は、1サイクルで360°の変化をしますが、スイッチを入
れたとき、すでにどの角度かにあります。この時の角度
を位相と言います。)”と”経過時間:t により 以下の式
で求める事が出来ます。  ここでΦは、位相を表します。

 v = SQRT(2)・V・sin( 2・π・f・t + Φ )
                                                             [V]

    注1:SQRT(2) は、2の平方根を表します。
  注2:V は、実効値を表します。 
  注3:f は、周波数を表します。 



電圧の 実効値(瞬間的な電圧の値を 2乗して1 サイクル
に渡って合計し、1サイクルの時間で平均した後、平方
根で開いたものです。 
2 乗しませんと交流ですので、”+” と ”―” があり、瞬
時値を合計すると  ”0” になってしまいますので2乗し
て足した後に1サイクル平均値求めてから平方根を開い
ています。


普通に皆様の家庭のコンセントに来ている電圧が  100
[V]と言っているのは、実効値の事です。 
海外では、100[V] から480[V] 迄、実に様々です。
式を見て見ますと、 瞬時値:vは、時間:t と位相:Φ
により決ますが、Φは、一定ですので、 時間:tで変わ
る事が分かります。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第10章電気回路 (2)抵抗回路その1

            第10章電気回路
          (2)抵抗回路その1

今回は、直流回路での抵抗の働きを考えてみます。
そして、 次回は、 抵抗が交流回路でどの様に働くかを
考えます。
同じなのか違うのかを知る事が重要です。

それでは、基本的な回路でその様子を見てみます。


(1)直列接続時の合成抵抗値
   
  電池の電圧:V に抵抗  R1、R2、R3 が 直列に接
  続されています。
  そこに流れる電流:Iは、図-1 の場合、3本の抵抗
  を合成した抵抗値R考えた時のRにより決まります
  。

   回路の左から流入する電流と 3つの抵抗を通って
  て来た電流の値は、同 じです。 (電池から流れ
      出る電流も、電池に戻る電流も、 回路上のどの抵
      抗を流れる電流も同じ値
になります。この点が 一
      番重要です。
  覚え方としては、愛(I )は、変わらず。 と覚え
      ます。

    この事を中が詰まっているパイプに 息を吹き込む
      場合を例えてみます。
    3本のパイをつないで息を吹き込みます。
    中が詰まっていますので息を吹き込む事が、 出来
      ませんのでパイプの反対側から息は、 出てきませ
      ん。
  
    3本のパイプをそれぞれ、 少しづつ、 違った量だ
      けつまりを取り除いて、3本を繋ぎます。 


    息を吹き込みますと反対側から吹き込んだ息と同
      量の息が出てきます。
    そして、パイブの中を流れる息の量は、どのパイ
      プの何処でも同じです。途中で増えたり、減った
      りしないのです。

    それでは、以上の事を頭に入れて合成抵抗:R を
      求めてみます。
    まず、どの抵抗に流れる電流も同じ I ですので、
      各抵抗の両端の電圧は、

   V1 = I・R1 、 V2 = I・R2 、 V3 = I・R3

   となります。
   電池の電圧は、V です。 各抵抗の両端電圧を足す
    と電池の電圧:Vと同じにならなければなりません
     。
   よって

      V= V1 + V2 + V3
        = I・R1 + I・R2 + I・R3
        = I ・(R1 + R2 + R3) (1)

   合成抵抗値:R は、電圧を 電流で割れば求められ
     ますので

      V/I=(R1 + R2 + R3) 
                    =  R


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第10章電気回路 (1)直流と交流

          第10章電気回路
        (1)直流と交流

今回より、平成30年8月期向け講座も 最後の章として、
電気回路のお話を致しをする事となりました。
電気回路の後は  受験直前迄、受験直前講座を行います

受験直前講座では、実践的なお話やら  通常の講座では
、お話をしてこなかった事をお話致します。

さて、電気回路とは  電気を教える学校において、電力
系や電子系の学生にとって 電磁気同様に 基礎的な学問
である為に低学年時に教わります。
当講座では  文系の方が電磁気と電気回路を一番苦手と
している事を踏まえて、 試験で合格する為の 実力がつ
いて、余裕が出来た最後にお話をしています。
電気回路は、電気回路の基本的な素子 (部品) が直流や
交流電源に対してどう振舞うか?と言う学問です。

それでは、電気回路を考える場合、「直流」と「交流」
がどの様なものであるかと言う事から ハッキリ させて
おきましょう。


(1)直流Direct Current (DC)
図-1 をご覧下さい。1.5 [V] の乾電池に豆電球が繋が
れています。
電流は、赤の太い矢印の方へ流れ、けして逆方向へは
、流れません。電流は時間によらず流れる向きが一
です。

これを直流と言います。
勿論、電池を例にすれば、図の電池の左側が”プラス”
で、右側が”マイナス”になったりしません。
この様子をグラフにしますと図-1の下の様になります
。(縦軸の上が”+”です。)
電圧は、時間の経過によらず 1.5 [V]の電圧を維持し
ています。
勿論  負荷の状態が変わらなければ電流の量も時間の
経過によらず、一定です。(この場合においても、 電
流の向きは、一定です。)



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第9章電磁気 (6)電磁気に出てくる単位その2

          第9章電磁気
       (6)電磁気に出て来る
           単位その2

今回は  前回の続きで起磁力の単位からお話を致します
。 

4.”起電力”と“起磁力”
 4-1.起電力の単位
    起電力とは、電流 (電子の動き) をおこさせる
           為の電位の差を言いますので、単位は、[V] (
           ボルト)です。ちなみに”電位の差”は 電位差と
    呼ばれ、通常”電圧”と呼ばれるものです。
    電位とは、位置エネルギーの様なものです。
    例えば 1[kg] の物をを床から1[m] 持ち上げ
           て保持しているとします。1 [kg・(m/s^2)・
           m]=1[N・m]=1[J]の仕事をした結果であり
           、1 [J]の位置エネルギーを持っている事にな
           ります。
    電界の単位は、[V/m] = [N/C] とも書けます
            。
    電界中で1 [C]をL[m]移動する仕事の単位が[
           V] です。つまり、電界中を電荷を動かした距
           離で積分しますと電界の単位から 電位の単位[
           V]になります。また、[N/C]を距離で積分して
           も[N・m/C]=[J/C]=[V]となります。もし 余
           裕がありましたら [V] = [J/C]と覚えておいて 
     下さい。



 4-2.起磁力の単位 
    次の図をご覧ください。
   
        真ん中を四角くくりぬいた青灰色の四角は、 
    薄い鉄板を何枚も重ねた物でその鉄板に  コ
    イル A と B が、巻いてあると思って下さい
    。 白い四角の線が何本か描いてありますが、 
    これは、 磁力線です。
           上の図では、 コイル A から出た磁力線の全
    てがコイル B に交差しています。


    この様に磁力線が通る部分を 磁気回路と言
    います。
    磁力線の束である磁束を通す力を 起磁力
      言います。 電気回路に電流を流させる電池
           には、 起電力が有ると言います。


      起磁力は、コイルに流れる電流で発生しす。
    その為、単位は、 [A] (アンペア)になり
    ます。

次にお話し致します、 静電容量と自己インダクタン
スの単位は、 まだコンデンサーとコイルのお話をし
ていませんので早いのですが、 単位と言う事で、今
回、お話をしておきますが、 次の章でコンデンサー
とコイルのお話をする時に役に立つはずです。

5.”静電容量”と“自己インダクタンス”

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第9章電磁気 (6)電磁気に出てくる単位その1

          第9章電磁気
         (6)電磁気に出てくる
            単位その1

今回から2 回に分けて電磁気に出てくる単位についてお
話を致します。
試験では、通常、3回に 1回の割合で出題されています
ので、勉強しておきましょう。
良く出題されると言う事は、重要な事柄であると言う事
を今までに何度かお話をしていますネ。

日常生活でも皆様は、単位の重要さを体験されていると
思います。
例えば、 土地の広さを表すのに 100[m^2](平方メー
ター)とか言いますが、 単位が間違っていたり、 単位
がなく「あそこの土地の広さは、100だヨ。」と言った
らおかしいですネ。
ただ、世の中では、間違った単位を平気で使っている人
が多いのは、残念な事です。  例えば、「100万 [V] の
電流」とかです。
電気に関係する者としては、とても、気持ち悪く聞こえ
ます。また、TV でこの様な事を放送するのは、 虚偽の
放送ですので、電波法違反になります。

さて、電磁気は、前回迄にお話をいたしました様に ”静
電気”と”磁気”についての学問です。
似た点が多いので並行して覚えましょう。

1.“電荷”と“磁荷”
 1-1.電荷の単位
   電荷とは、原子の構成要素である  “陽子”と“電子
         ” が持つ電気量を大きさの無い点として扱ったも
         のです。
   その電気量の単位は、[C] (クーロンと読みます。
         )です。

 1-2.磁荷の単位
    磁石には、N 極と S 極があります。
    これらを磁極と呼びます。
    磁石を割った経験のある方は  少ないと思います
         が、例えば、棒磁石を2つに割りますと、それぞ
         れの破片の片方の端には、N極、その反対側の端
         には、 S 極が出来ます 。
   それぞれの破片を更に 2つに分けても同じ事が起
         こります 。
   それぞれの破片をどんなに細分化しても、片方の
         端には  N 極、その反対の端には S極が出来ます
          。
    N 極または、S極を大きさを持たない磁気を持っ
    た粒と考えたものが磁荷です。
    これは、電荷と同じ考え方です。

    磁荷として考える時は、N 極 (正)とS 極 (負)の
          磁荷を単独で考えます。そしてその 気量の単
         
を[Wb] (ウエーバ ーと読みます。) と言いま
         す。

     
2.”電界”と“磁界”


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング









続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?