leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (5)義務航空機局の機能試験

           第2章無線局の運用
        (5)義務航空機局の無線
          設備の機能試験
      赤紫色文字は、法規の用語の
       解説ページを参照して下さい。


今回は、義務航空機局の無線設備の機能の維持と試験電波の
発射についてのお話です。
航空機局 と 書かずになぜ、義務航空機局 と書いてあるので
しょうか?
是非、当ブログの「法規の用語解説」のページで調べておい
て下さい。

それでは、本日のテーマである無線設備の機能維持のお話で
す。
1.義務航空機局の無線設備の機能維持
1-1.飛行前の確認
 言われなくても当たり前ですが、飛行の前には、無線設備
 が完全に動作する事を確認しておかなければなりません。
 もし、無線が使えないとしたらどんなに怖いフライトにな
   るでしょか?
  いや  その前に機体を滑走路へ移動する事も出来ませんネ
  。

1-2.定期的な機能試験
 1,000 時間の使用毎に1 回以上の項目の試験をしなけれ
 ばなりません。

 ・送信装置の
出力
 ・送信装置の
変調度
 ・受信装置の選択度
 ・受信装置の感度
 以上の項目が無線設備規則で規定されている性能でその性
 能を維持する必要があります。

 ※感度とは 受信機がどの程度の弱い電波迄受信出来るか
       を表す性能です。
 ※選択度      航空無線の電波の幅は、6 [kHz]です。例え
       ば送信周波数が100 [MHz]としますと100[ 
                     MHz] の周波数の上下に各 3 [kHz] の 幅が
       あります。 受信機で受信できる幅が100 [M
       Hz] の上下3 [kHz]なら問題がないのですが
       、受信機が受信する幅が、上下 各10 [kHz]
       としますと  受信周波数に近い別の局の通信
       が混じってしまいます。目的外の通信が混じ
       ってしまう事を 混信と言います。 どれだけ、
         必要な周波数幅だけの受信で済むかと言う事
         を選択度と言います。
         周波数幅を選択する度合いと言う事です。


2.試験電波の発射
 無線機の試験や調整の為に、試験電波を発射することがあ
  ります。法規の最初でもお話をしましたが、電波は、 多く
  の無線局が使用していますので、周波数が限られています。
  その為、試験電波を発射するには、 他の通信へ混信を与え
  ない事を確認する必要があります。
  最近の無線機は、通信士が調整するツマミ類が 少なくなっ
  ていると思いますが、昔の無線機は、 調整が上手くできて
  いないと発射した電波の周波数以外にも多くの別の周波数
  の電波を輻射してしまい多くの局に迷惑を掛ける可能性が
  ありました。
  その為 運用規則では、 試験電波の発射に使用する 電波の
  周波数以外にも必要と認める周波数について受信し、今、
  試験電波を発射しても他の局へ混信を与えないか確認して
  から発射する様に書いています。

2-1.試験電波の発射方法

続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (4)義務航空局の聴取義務

         第2章無線局の運用
      (4)義務航空機局の聴取電波
      赤紫色の文字は、法規の用語解説
       のページを参照して下さい。

今回は、義務航空機局の聴取電波”につていのお話をしま
す。

法規を勉強する場合、法律用語は  英文の単語と同じです
。 その単語の意味がアヤフヤだと 文書全体の意味が分か
らなくなります。


法規を勉強する場合、当ブログでは、 右下のカテゴリー
の中に”法規の用語解説”がありますので 必ず、当ブログ
に出てくる赤紫色の文字は、その都度その都度、 調べて
おいて下さい。
今回のテーマの中にも、義務航空機局と 航空機地球局
言う言葉が出てきます。
1つだけお話しますので、後は、”法規の用語解説” のペ
ージをご覧下さい。

  義務航空機局とは?
        航空法第60条で言う所の国土交通省令
        で定める 姿勢・高度・位置・針路の測
        定装置と無線電話装置を 持っている航
        空機局で無線設備を 常に正しい状対に
        態にしていなければならない 航空機局
        を言います。

簡単にいいますと、 航空機の姿勢等の測定器と無線電話
を常に 正常に保っておく義務のある無線局と言う事にな
ります。

ここで言う航空機局とは、 航空機の中に開設する無線局
の事です。 ちなみに航空機局と交信する陸上に開設する
局は、航空局とよばれ、 管制塔や自社の航空機と交信す
るカンパ二―無線の陸上局がこれに当たります。
法律の文書を読んでいますと、 カンパニー無線の存在を
知りませんと意味が分からなくなる法律文書もあります。
この様に法規を勉強する場合

  1 法律用語の意味を知る
  2  その法律が作られた背景を知る

以上の2点が重要です。

法律用語で試験に必要な範囲は  当ブログの”法規の用語
解説”で説明していますが 2 のその法律が作られた背景
を調べる事は、容易な事では、ありません。
また、法規の参考書などでは、その法律が作られた背景
等は、 当然、書いてありません。
当ブログでは、その作られた背景もお話していますので
、是非、継続してお読み下さい。
さて 、義務航空機局の続きですが、 これに当たるのは、
各航空会社が運行している航空機です。それらの航空機
のコックピットを思い浮かべて下さい。
エンジン等機体の状対を示す計器の他、先程も述べまし
た航空機の姿勢や高度等を示す計器と無線機があります
す。無線機の存在は、分からなくても、パイロットがヘ
ッド・セットを付けていますので、その先に無線機があ
る事がうかがい知れます。



前置きが長くなりましたが重要な事なのでお話をいたし
ました。
さて、本題に入ります。

(1)義務航空機局 の聴取電波(聴取義務)



続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (3)航空機局の運用・航空局の指示

         第2章無線局の運用
     (3)航空機局の運用/航空局の指示
      赤紫色の文字は、法規の用語解説の
        ページを参照して下さい


今回は、航空機内に設置された航空機局と航空管制等を行
航空局 との間の通信の仕方についてのお話です。

皆様が使用している携帯電話は、1人の人から特定の相手
との間に設定される通信路を使用して通信されますので、
基本的に不特定多数の方が、その通信を傍受したり、通信
に参加する事は、有りません。( LINE は、 無線の場合と
は、厳密には、違いますが、近いものと言えます。)

しかし、無線の場合、周波数と電波の型式(変調方法)が
同一であれば、多くの局が通信に参加する事が出来ますが
、電話の様に通信を行っている双方が同時に話をする事が
出来ません。
無線通信の場合は、一方が送信している時は、その通信相
手は、受信しています。受信してる局が送信する時は、先
ほど送信していた局は、受信します。この様に交互に送信
または、受信をしなければ、なりません。
注・・・ここまでのお話しは、一般的な無線通信のお話し
      で無線でも同時通話をする方法は、あります。

以上の様な通信の仕方以外に、良くある通信の仕方に 2つ
の局が通信している時に2つの局の送信の合間に呼び掛け
ますと、その2局の内の1局と通信をする事が出来ます。

例えば、「東京アプローチ:青空475便は、高度4000
Ftを維持して下さい。」、「星空754便:クロス・ス
ペンサー、高度9000Ft。」、「青空475便:高度
4000Ft了解。」と言う様に 1つの周波数で航空局 が複
数の航空機局 を相手にし、複数の航空機局 が互いに1つ
の周波数で他の局に妨害を与えない様に応答しています。

また、 飛行中の航空機が 空域をはずれそうになりますと
次に入る空域を管制する航空局の周波数を知らせてきます

これは、 航空無線の電波の到達範囲と 管制を行う局が空
域毎に異なると言う理由が有るからです。 航空機は、 ボ
ーディング・ブリッジを離れる時から目的の空港のボウデ
ィング・ブリッジにドッキングするまでの間、必ずどこか
航空局 と 通信出来る様になっています。


続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (2)無線局免許記載事項遵守の運用

              第2章無線局の運用
       (2)無線局免許記載事項厳守の運用
         赤紫色の文字は、法規の用語解説
          のページを参照して下さい。


今回は、「無線局免許記載事項の遵守」 と 「目的外通信の
禁止」についてお話をします。


1.「無線局免許記載事項の遵守」


 免許状には、免許する内容が記載されています。
   免許状に記載された免許範囲を 無線局免許状記載事項 
 言います。
   
 その免許状に記載される事項は、 以下の通りです。


1-1.無線設備の設置場所、 識別信号、 電波の型式および周
   波数
 (1)無線設備の設置場所
    無線局を開設する場所の事で、航空局 ならば  航空局
    
の無線設備のある住所になりますし航空機局でしたら
    、無線設備を搭載する航空機と言う事になります。
    
 (2)識別信号呼出名称等)・・例えば、「東京アプロ
   ーチ」、「Japan Air 475 便」、「All  Nippon 963
        便」等無線局を識別する為の無線通信上の名称やコー
   ルサイン (識別信号) と呼ばれるものでNHKの東京
   は、JOAKです。
   TVの放送が終了する時に このコールサインが放送
   されますので一度、聞いて見て下さい。

 (3)電波の型式・ (変調方式と送信される信号の型式・
   そして送信される信号の中身を アルファベットと数
         字で表したもの)

 (4)周波数・・・   どの無線局にも使用して良い周波数
   が免許証に記載されています。  無線局の運用は、そ
   の周波数で行います。
   例えば、 東京のNHKが送信するたびに周波数を変え
   たりする事は、有りませんし、 航空無線でも 航空機
   局
 
は、航空局 が指定する周波数を使わなければなり
   ません。


続きは、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期法規第2章無線局の運用 (1)混信の防止と措置

           第2章無線局の運用
            (3)混信の防止
                赤紫色の文字は、法規の用語
              解説のページで確認して下さい。

法規の科目で合格する条件は、”無線局の運用”を理解する
事です。
この章がお分かりになっていれば、 50 点は、取れる訳で
す。 後、他の章で20 点取れる様にすれば良いので楽にな
ります。
それでは、今回は、学習のポイントは、”混信の防止”とは
?” ”混信の防止措置”の理解です。
無線通信を行う上で混信を与えないと言う条件は、非常に
重要です。携帯やスマフォが無線従事者資格無しで使用出
来るのは、無線電話のシステムに他の無線端末(携帯、ス
マフォ)に他の無線端末に混信を与えない措置が取られて
いるからです。

さて、皆様は、「混信」と聞いても、何の事やら?また、
何となく知っていても経験した事が無いと言う方が殆どだ
と思います。
皆様が通信のツールとして使っている携帯やスマフォ、そ
してパソコン等で通信が邪魔されると言う経験をする事が
なくなりました。一昔前の固定電話ですとたまに、通話の
相手以外の人の声が微かに聞こえると言う事がありました
。若い皆様には、怪奇現象に思えてしまうかも知れません
ネ。
これは、怪奇現象でも何でもななく、複数の電話線同士が
コンデンサーとなり、コンデンサーを交流信号である音声
信号が他の電話線へ流れるからです。
電話の場合は、混信でなく混線と呼ばれます。
電話では、混線は、殆ど無くなりましたが無線の世界です
と、今でも、有ります。
その「混信」と言うものがどの様なものかは  無線機を購
入して聞いて頂くのが一番良いのですが  そうも行きませ
んので、例でお話をします。
今、貴方が、友人と混雑した電車に乗っているとします。
周りの迷惑を考えて、小さな声で話しているとします。
そこへ、新たに乗車してきた 2名の人が大きな声で話始
めたとします。 貴方は、新たに乗車してきた人達の声と
友人の話を同時に聴く事になります。 時として、友人の
声は、その人達の声に埋もれてしまいます。
これが、「混信」です。
なぜ、その様な事が起こるのでしょう?
それは、全ての人が、声の伝送路として空気のある同一
の空間
を共用しているからです。
貴方の声は、空気を振動させてますので周囲の人も聞く
事出来ますし、貴方も、周囲の人の声を聞く事が出来ま
す。
無線でも同じ事です。同じ周波数が多くの局に割当られ
ていますので、貴方の声は、周辺の局で受信されていま
す。
その時、他の局が、同じ周波数で送信したとしますと周
囲の局は、混信した貴方の音声を聞く事になります。
よって、無線の世界では、どこかの局が送信している時
は、他の局は、同一の周波数で電波を輻射しては、いけ
ないのです。

「混信」がどの様なものか、何となくご理解頂けたとこ
ろで「混信」の影響がいかに重大かと言うお話を航空無
線通信を例にお話を致します。
航空機が世界中に数機しか無いと言う事であれば、それ
らのパイロットが自由に空を飛んでも何の支障もありま
せん。ところが、昼夜を問わず沢山の航空機が世界中で
飛んでいます。
その様子は、 flightradar24 と言うサイトで見る事が
出来ます。時間がある時に一度ご覧ください。

全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期工学第2章航法h支援施設 (3)ASDE

                     第2章航法支援施設
               (4)ASDE


今回は、ASDE のお話です。と言っても何の事かお分かり
になら
ないと思います。航法支援施設はこの様にアラファ
ベットの組合せで言われますので、何の略か分かりません
と 覚えようが有りません。


ASDE とは、Airport Surface Detection Equipment :
空港面探知レーダの事です。
航法支援施設の名称は、英語で覚えてください。

1.ASDEの用途
空港には、 滑走路、 駐機場、それらを結ぶ誘導路等があ
り それらの上を 航空機やバス、飛行機をプッシュ・バッ
クするトーイング・カー等 様々な車両が 行きかっていま
す。飛行機が空港にいる時は 色々ある管制の中の グラン
ド・コントロールの指示に従わなければなりません。
そのグランド・コントロールは  駐機場から滑走路迄の間
等航空機や車両が地上を移動するときの指示をします。
グランドコントロールは、 高い場所にある管制塔から 目
視で航空機等に指示を出しますが 夜間や 視程不良の時に
は、高分解能のレーダにより 航空機や 車両の位置を知り
指示を出します。
空港内の車両は、車両占用の路以外で 誘導路や滑走路内
入る時やそれらを横切るとき グランド・コントロール
の指示を受けています。 皆様もランプバスに乗車された
ときに、航空無線を聞かれたことがあると思います。 


2.ASDEの特徴

~中略~

航法支援には、気象に関するレーダやASR、ARSRの
様な1次レーダの他にSSRの様な2次レーダがあります。
その用途だけでも覚えておいて下さい。(とりあえず国家
試験の為に覚えて下さい。そして、実務に就くまでに詳細
を勉強しておいて下さい。
CQ 出版社刊 RF WORLD の No.7 に 私が詳
な説明を書きましたので参考にして下さい。)

次回からの工学は、半導体・電子管・電子回路のお話をに
入ります。




全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期工学第2章航法支援施設 (2)ILSその4

            第2章航法支援施設
            (2)ILSその4



今回は、 ILS の最後として大型機における ILS の計器と
使い方を見ておきましょう。

  
上の絵は、マイクロソフト社のフライトシュミレーション2004のBoeing
777-300のコックピットです。前方に言える空港は、hamaさん制作の中
部国際空港です。


Boeing747-100 の頃は、小型機の様なアナログの計器が
沢山並べられていました。
現在の航空機のコックピットは、グラスコックピットと呼
ばれ電子的な表示になっています。 表示は、CRT(一昔
前のパソコンの モニターに使用されている  ブラウン管の
事です。)や LCD (液晶表示器)で行い、画面を切り替える
事で様々な表示が出来ます。
左の大きなディスプレイは、 PFD(Primary Flight Dis-
play)と呼ばれ、 航空機の姿勢・機首の方向・速度等を表
示します。
右側の大きなディスプレイは、ND(Navigation Display)
と呼ばれ、 VOR 局の方位・滑走路からの左右のづれ・グ
ライド・パスに対する機体の位置などを表示します。

 
NDをもう少し詳しく見てみます。  右上の CRS356 と
書いてあるのは、中部国際空港滑走路36の正確な方位で
す。


~中略~


※ 航法支援施設の写真は、CQ 出版社刊行の RF
    WORLD No. 7 の  HPでご覧ください。
  私 TOITAが書きました航法施設の記事と写真の一部が
  紹介されていますので下のURL をクリックして見て下
    さい。


http://www.rf-world.jp/bn/RFW07/RFW07A.htm


 


 


 



全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期工学第2章航法支援施設 (2)ILSその3

            第2章航法支援施設
            (2)ILSその3


今回は、航空機が着陸する滑走路に対し左右のズレを
どの様に航空機へ知らせてくるかと言うお話を致しま
す。
航法支援施設に関する技術書は、  一般的には、 国土
交通省航空局の無線従事者(第1級陸上無線技術士)
の方だけがみられる書物にしか書かれていない為にそ
の他の書物は、勿論の事ネット上でも間違った事が書
かれています。
これから、航空無線技術士になる方は、この場で正し
い、原理を理解しておいて下さい。
試験の範囲を多少超えるお話になりますが、範囲を少
し超えた知識は 、 試験の際、 余裕になりますのでお
話をします。
試験問題も間違う事が有ります。
その際、知識に余裕があれば、多分、出題者は、こう
言う答えを期待しているのだろうと気を利かせて答え
る事が出来ます。重要なのは、出題者の意図に沿って
答える
です。(この事については、 クロちゃんさん
の受験体験記
にも書かれています。)

それでは、本題です。


前回 ILSシステムの概要をお話しました。その中で滑
走路から見て航空機が滑走路のセンターラインより右
に居る時は、 90 [Hz] の信号が、 左にいる時は、
150 [Hz] の信号がそれぞれ強く検波され、 そして、
センターラインの延長線上に居る時は、 90 [Hz]  と
150 [Hz]  の信号が 同じ強さで検波されると言うお
話をしました。


今回は、その理由について少し、お話をします。
下の図は、パワー・スペクトラムと呼ばれ、横軸が周
波数で高さは、それぞれの周波数毎の電力を表してい
ます。





~中略~


※航法支援施設の写真は、CQ出版社のRF WORLD の
 HPをご覧ください。
 私TOITAが書きました 航法施設の記事と写真の一部
 が 紹介されていますので下のURLをクリックして見
 て下さい。

http://www.rf-world.jp/bn/RFW07/RFW07A.htm




全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?