leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」平成29年8月期向け第20期無線工学のシラバス

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第20期無線工学のシラバス

平成29年8月期向け第20期受験講座でお話をい
たします内容が決まりましたので お伝えいたし
ます。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?
 2. 電波の輻射
 3. 平面波の伝搬                    
 4. VHF帯とUHF帯の電波伝搬
 5.VHF帯に比べてのSHF帯の特徴
 5. 導波管の特徴

第2章 航法支援施設
 1. VOR/DME
 2. ASR
 3. ILSの地上施設
 4. ATCRBS


第3章 半導体・電子管・電子回路
 1. 半導体とは?
 2. ダイオード
 3. トランジスター
 4.電流増幅率αとβの関係
 5.  電圧増幅率
 6.オペアンプの反転増幅回路



第4章 DSB送受信機
 1. AM(A3E)とは?
 2.A3E送信機の構成
 3. スーパーヘテロダイン受信機の動作


第5章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.PLLによる直接変調器の原理
 3.FM受信機各回路の動作
 4.  スケルチ回路の働き 


第7章 通信方式その他 
 1.  FM(F3E)方式の特徴
 2.  デジタル符号の名称


第8章 電源
 1.  電池一般
 2.  鉛電池の動作状態(充電中)
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの左手の法則
 3.電磁気に関する単位と記号

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  直流回路
 5.  RLC並列共振回路
   6.  有効電力・無効電力・皮相電力



以上

法規のシラバスは、次回発表致します。

姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」からの
お知らせ

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、以
下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありま
せん。 

また、姉妹校のコメント欄からのお申し込みも受
け付けています。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られ
ない様になっていますが、お名前の記載は、避け
て下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは
、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アド
レス:
toita-aero@har.bbiq.jp
   


 


 


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」からの
お知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリックし
 ますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉強す
  ることが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が付
  ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレスま
で。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











スポンサーサイト
テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (6)半波長ダイ・ポール・アンテナ

           第20期受験直前講座
          (6)電波の性質と半波
        ダイポール・アンテナ

今回から「空中線と電波伝搬」の範囲からの 演習問題を
出題いたします。
今回は、 「電波の性質」と「半波長ダイポール・アンテ
ナ」についての演習問題を出題致します。
「電波の性質」については、時々出題されますが、 「半
波長ダイポール・アンテナ」については、 平成16年8月
期以来出題されていません。その前は、 平成13年の2月
期です。
この様に永い間出題されていない問題は、 何時、出題さ
れてもおかしくない要注意問題です。
例は、悪いですが 地震の様なものだと思って警戒してい
る必要があります。
あまり出題されない事柄は、 知っていて当たりまなで、
「ところで、こんな事位、知っているよネ!」忘れた頃
に出題されます。
要注意問題と言う事もありますが、アンテナの 基本です
ので、アンテナを理解する上では、大変重要です。

それでは、「電波の性質」 に関する演習問題から出題致
します。

[演習問題8]
次の記述は、電波の基本的性質について 述べたものです
。 このうち正しいものを”1”、誤っているものを”2”と
して答えて下さい。ただし、電波の伝搬速度を c [m/s]
、周波数を f [Hz] 及び波長を λ [m] とします。

ア  c = f/λ [m/s] で表わされる。その値は、 約 3x10
    ^8 [m/s] である。
イ  電波の電界の振動する方向を偏波といい、  偏波面が
   常に大地に対して水平なものを垂直偏波という。
ウ  電波は、 放射源から広がって伝わり、 徐々に減する
   する。
エ  電波は、横波である。
オ  電波は、 互いに直交する電界と磁界から成り立って
   いる。

注・・  ”ウ”は 国家試験問題出題者の私見で科学的なも
        のでは、ありませんが出題者の意図にそって答
           えて下さい。



[演習問題9]

全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (5)電力の解答

         第20期受験直前講座
              (5)電力の解答

今回は、前回出題しました 電力に関する演習問題の解
答を行います。


 


[演習問題6]
抵抗:R とコイル:L からなる 直列回路のインピーダ
ンス:Z は、

          Z = 4 + j3

(1) 力率は、何%でしょうか?
(2) 力率を100%にする為に どうしたらよいでしょ
         うか?

[解答及び考え方]


(1)の正解
力率(cosθ)は、 インピーダンス:Zと抵抗:R から
求める事が出来ます。(以降、Z 、Rの様に斜体文字は
、ベクトルを表します。)
本来、 Zが の様に実数軸上にあれば良いのですが、
誘導性リアクタンス:XL が有る為に 無効成分が出て来
ます。
有効成分は、ZX軸への投影した部分となります。
そして、無効成分は、Z  Y 軸へ投影した部分となり
ます。
それでは、Z の大きさから求めてみます。

この問題が出来たか出来ないかは、独学が可能か
  否かの判断材料にないrます


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (5)電力

         第20期受験直前講座
          (5)電力

今回は、前回お話をしましたリアクタンスの応用にも
なりますが、電力についての演習問題を出題致します


 [演習問題 6]
抵抗:Rとコイル:L からなる直列回路のインピーダ
ンス:Zは、

          Z = 4 + j 3

(1)力率は、何%でしょうか?
(2)力率を100%にする為にどうしたらよいでしょ
    うか?

[演習問題 7]
有効電力をPA。無効電力を PQ。皮相電力を PS とし
た時、以下の式で正しいものを下の番号から選んで下
さい。但し、電圧は、V。 電流は、とし、両者の間
の位相差は、θとします。

1.  PA = ・ ・ sinθ
2.  PQ = ・ ・ cosθ
3.    PS = PA/( PA + PQ )
4.  PS = sqrt( PA^2  +  PQ^2 )

    注 sqrt・・・・・・平方根を表します。
      ^2   ・・・・・2乗を表します。

解答は、次回、考え方と共にお話いたします。

今回の演習問題6が解答出来るかできないかは、独
 学で十分かどうかの指標になります




以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (4)並列共振回路の解答

             第20期受験直前講座
       (4)並列共振回路の解答

今回は、前回出題致しました、 並列共振回路の解答を
行います。 



それでは、前回の演習問題から見ていきましょう。 


 [演習問題 5]
次の記述は、 図に示す RLC並列共振回路について述べ
たものです。(   )の中に入れるべき字句の正しい組
合せを答えて下さい。
共振回路は、 共振状態にあり、コイルや、 導線の抵抗
分は、無視できるものとします。
交流電源の電圧:v は、3 [V]とし抵抗:R は、 3[Ω]と
します。


(1)交流電源から見た合成インピーダンスの大きさは、 
   (  A  )[Ω]である。
(2)電源電圧:v により流れる電流:i の大きさは、(  
       B  ) [A]である。
(3)vと i の位相差は、(  C  ) [rad] である。


 


          A         B          C
  1      3         2        π/2
 2  3   1   π/2
 3  0   2   π/2
 4  0   2    0
 5  3   1    0


[解答]
(A) コイルのリアクタンス:XL = ωL。そして、コン
      デンサーのリアクタンス:XC =1/(ωC )です。
  そして、抵抗:R が並列に繋がれています。
  電源から流れ出る電流: i は、 抵抗に流れる電流:
  i R、コイルに流れる電流:i L そして、コンデン
  サーに流れる電流: C に 分かれます。 この状態
   を式で書いてみます。( 以下、斜体文字は、ベクト
     ルを表します。)
     
    i i R + i L + i C                     (1)

     この回路は、 並列回路ですので、抵抗、 コイル
     コンデサーに等しく電源電圧: が 加わってい
     ます 
ので、(1) 式は、

    i V/R  + V/( j ωL)   + V/{ 1/( j ωC) }
          
           ( j j  = -1 ですから )

           = V/R  - j V/(ωL) + jVωC
           = V/R  +  { ωC - 1/(ωL) } ・V 
                                                       (2)

  この回路は、題意より共振していますので、

      ωC = 1/(ωC)        (3)
                (ここが、ポイントです。)
     ですので、

全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (4)並列共振回路

         第20期受験直前講座
         (4)並列共振回路

今回は、前回出題いたしました直列共振回路の演習問
題の解答と解説を行います。
そして、最後に、並列共振回路の演習問題を出題致し
ます。
今回の演習問題は、過去問を少しアレンジしたもので
す。
直列共振回路を理解されていない方が間違えそうな選
択肢を入れています。

それでは、 前回の演習問題の解答の前に、 もう一度、
演習問題を見て頂きます。


 [演習問題4]
図に示します抵抗R[Ω] 、コンデンサーC [F]、及びコ
イルL [H] からなる直列回路について 以下の問いに答
えて下さい。なお、回路は、 共振しているものとしま


(1)L  の 両端電圧VLの値として、一番近いものを下
   の番号から選らんで下さい。
 ただし、電源電圧は、1[V]、抵抗Rの値は、5 [KΩ]
   、C 及び L のリアクタンスは、ともに 7 [KΩ] とし
   、L の抵抗は、無視できるものとします。



   1. 0.0   [V]         2.  0.5 [V]
   3. 0.14   [V]             4.  5.0   [V]
       5. 1.4   [V]           6.  0.7   [V]

(2) (1)の状態で、回路に流れる電流を下の番号から選
    んでください。

       1.  0.7 [mA]      2.    2.0   [mA]
       3.  7.0 [mA]      4.    0.2   [mA]
       5.  1.4   [mA]      6.  0.14 [mA]

[解答]
  前回出題する際に ヒントとして共振とは、 以下の式
  が成り立つ事だと言いました。

         XLXC              (1)

 (1)式は当たり前の事ですが、あえて書き換えてみます
  。

      XL - XC = 0      
            XL + (-XC) =                        (2)

   (2)式を見て頂きますと Xc は、そもそも "-” だと
   言う事です。そして (1)式で見て頂きました様に大
   きさは、XLと同じなのです。
 XとXの関係は、+/-の違いがあり、そして大き
   さが同じ時が共振です。
   と言う事は、共振状態でのインピーダンスは、X
   XC
 が打ち消しあい ますので、R  だけを考えれば良
   い
 と言う事になります。


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (3)直列共振回路

           第20期受験直前講座
         (3)直列共振回路



今回は、 この回路が無ければ無線が成り立たないと
言う大変重要な回路についての 演習問題を出題しま
す。

(大変重要な回路) = (試験によく出題される)

と言う事です。
平成29年8月期では 並列共振回路の出題が予想され
ますが、そちらは、次回、お話しするとしまして 今
回は、直列共振回路のお話しを致します。


直列共振回路と並列共振回路の 違いを後で整理して
おいてください。


[演習の前の予備知識]
 第20期では、共振回路のお話は、番外編でお話し
 致しましたが、再度、共振とは、 何かと言う事か
 らお話しをしておきます。

 (共振とは?)
  最年大きな地震が頻発しています。地震により超
    高層ビルが大きく揺れたり、2011年3月11日 の
    大地震でスカイツリーの トップの方で数 [m] の
    揺れ幅が有ったと言う報道がありました。
  
  共振とは、振動を起こしている物と同じ振動数の
    物が有った時、一方が、振動すると、他方も振動
    すると言う事です。

  同じ振動数でないものも影響を受けて振動します
    が、振動数が 同じ物は、 他の振動数を持つ物に
    比較して極めて大きな振動が誘発されます。

  先ほどの超高層ビルやスカイツリーが大きく揺れ
    るのは、地震の振動数とビルやスカイツリーの高
    さが地震の波長と近いからです。( 波長=波の伝
    わる速度÷周波数)

 (振動とは?) 
  振動とは、図-2の様に天井からぶら下げた赤い玉
    (振り子)を図の右の位置へ持ち上げて、手を離し
    た時、玉は、天井から真下の位置を過ぎてピンク
    の位置迄行き、また、赤の位置迄戻ってくると言
    う動作を繰り返す事です。


振動


  この様な動作が繰り返されるのは、赤の玉の位置
  とピンクの玉の位置で位置エネルギー(= mgh {
      hは、床から天井迄の高さから赤または 、ピンク
      の高さの差です。})が最大で、 天井から真下の
      位置では、運動エネルギー(mv^2/2) が最大と
      なります。
  位置エネルギー運動エネルギー総和は、一定
  で、2つのエネルギーが相互に 他方のエネルギー
  へ移り続ける事で玉は、動き続けます。
  位置エネルギーが最大の時は、運動エネルギーは
  、”0”。つまり、一瞬停止します。


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (2)リアクタンスその3

         第20期受験直前講座
       (3)リアクタンスその3


今回は、R と L または、C の直列回路におけるリアクタ
スのまとめを行います。
その後、前回出題いたしましたRC直列回路におけるリア
クタンスに関する演習問題の解答と その考え方をお話し


[リアクタンスのまとめ]
(RL直列回路)



  (注・・・図-5~図-8 は、ありません。)
 抵抗:R は、実数 ですので、図-9では、 横軸上に
   その値があります。
 誘導性リアクタンス:XL は、 虚数 ですので縦軸上
  にその値があります。
 RXL は、共にベクトルですので大きさと 向き 
   有ります。
 インピーダンス:Z もRX (リアクタンス) のベク
   トルの合成ですのでベクトルです。( 勿論、Z の 中
   には、 又は、X が無い場合も有ります。)
 次に重要なのが、 XL をどの様に求めるかと言う事
   です。

          XL = ωL

  となります。ω = 2πf ですから 、XL は、 周波
    数が高い
大きく なります。 直流では周波数
   :f が ”0”  です
 からコイルに  直流を流した時の
    XL = 0
 と言う事になります。

(RC直列回路)


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (2)リアクタンスその2

             第20期受験直前講座
         (2)リアクタンスその2

今回は、コンデンサーによるリアクタンスを考えてみます
。その後、前回出題致しました演習問題の解答を行います


それでは、 今回のテーマである コンデンサーによるリア
クタンスに関する演習問題を出題します。



[ヒント]  コンデンサーによるリアクタンス:XC は、以下
の式で求められます。

   XC = 1/(ωC)

   
[演習問題の3]
  電源の角周波数を1000 [rad/s] とした時、コンデンサ
  ーの容量が 1.25 [μF] の場合の容量性リアクタンスを
  求めて下さい。
  次に、回路のインピーダンス:Z と回路に流れる電流:
  I を求めて下さい。



    1.25 [μF] = 1.25 x 10^-6 [F] です。


注・・・図番が飛んでいますが、図-3は、ありません。

解答とその導き方及び、リアクタンスのまとめを次回、行
います。


前回出題致しました演習問題の解答を行います。
ます、問題から見てみましょう。


[演習問題2]


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (2)リアクタンスその1

            第20期受験直前講座
         (2)リアクタンスその1

前回は、抵抗の回路における 枝路の電流と電圧の求め
方のお話をいたしました。
今回から3 回に分けて電気回路で重要なリアクタンス
についての要点のお話しと演習問題の出題いたします。
解き方については、次回ご説明します。


<コイルのリアクタンス:XL
回路において電流の妨げとなるのは、 インピーダンス
:Zです。
皆様は、電流を妨げると聞いて抵抗:R を思い浮かべる
方が多いと思いますが、それだけでは、 電気回路の問
題をを解く事は、出来ません。

抵抗は、直流回路においても交流回路においても 同じ
く電流を妨げます。
今回出題します RL 回路においてコイルは、 導線で出
来ていますので、直流回路におては、 ただの導線です

しかし、交流回路においては、 周波数によりその値が
わるリアクタンスになります。
リアクタンスは、コイル または、コンデンサーによる
流に対する抵抗成分になります。
(リアクタンスは、コンデンサーの場合も周波数により
その値が変わります。)
コイルによるリアクタンスは、XL と表記します。
また、その値は、 抵抗:R が実数であるのにたいして
アクタンスは、虚数 になります。その実数部分と虚
数部分のベクトル
を 合成したものが インピーダンス
Z
です。
交流回路において 抵抗だけの回路があったとしますと
、その場合は、  虚数部分がありませんので Z = R と
なります。


注・・・この図の番号が順不同になっています。

それでは、今回の演習問題のヒントです。


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?