leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」平成29年8月期向け第20期無線工学のシラバス

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第20期無線工学のシラバス

平成29年8月期向け第20期受験講座でお話をい
たします内容が決まりましたので お伝えいたし
ます。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?
 2. 電波の輻射
 3. 平面波の伝搬                    
 4. VHF帯とUHF帯の電波伝搬
 5.VHF帯に比べてのSHF帯の特徴
 5. 導波管の特徴

第2章 航法支援施設
 1. VOR/DME
 2. ASR
 3. ILSの地上施設
 4. ATCRBS


第3章 半導体・電子管・電子回路
 1. 半導体とは?
 2. ダイオード
 3. トランジスター
 4.電流増幅率αとβの関係
 5.  電圧増幅率
 6.オペアンプの反転増幅回路



第4章 DSB送受信機
 1. AM(A3E)とは?
 2.A3E送信機の構成
 3. スーパーヘテロダイン受信機の動作


第5章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.PLLによる直接変調器の原理
 3.FM受信機各回路の動作
 4.  スケルチ回路の働き 


第7章 通信方式その他 
 1.  FM(F3E)方式の特徴
 2.  デジタル符号の名称


第8章 電源
 1.  電池一般
 2.  鉛電池の動作状態(充電中)
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの左手の法則
 3.電磁気に関する単位と記号

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  直流回路
 5.  RLC並列共振回路
   6.  有効電力・無効電力・皮相電力



以上

法規のシラバスは、次回発表致します。

姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」からの
お知らせ

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、以
下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありま
せん。 

また、姉妹校のコメント欄からのお申し込みも受
け付けています。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られ
ない様になっていますが、お名前の記載は、避け
て下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは
、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アド
レス:
toita-aero@har.bbiq.jp
   


 


 


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」からの
お知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリックし
 ますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉強す
  ることが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が付
  ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレスま
で。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











スポンサーサイト
テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (16)予備免許

        第20期受験直前講座
         (16)予備免許

今回は、予備免許についての演習問題を出題致します。

[演習問題22]
次の記述は、航空移動業務の無線局の予備免許について
述べたものです。電波法(第8条)の規定に照らし、(   )
内に入れるべき最も適切な字句を 1から 7の中から選ん
で下さい。なお、同じ記号の(   )内には、同じ字句が入
るものとします。

① 総務大臣は、 電波法第7条(申請の審査)の規定によ
  り審査した結果、 その申請が同条第 1 項各号に適
      合していると認めるときは、 申請者に対して、 次
  の (1)から (5)までに掲げる事項を指定して、無線
      局の予備免許を与える。
  (1) (  A  )    (2) (  B  )   (3) 識別信号 
      (4) (  C  )    (5) 運用許容時間
② 総務大臣は、予備免許を受けた者から申請があった
  場合において、相当と求めるときは、①の(1)の(
      A )を延長することができる。

※(1)から(5)は、電波法第8条第1項の記載順とします。

1 空中線電力  2   工事開始の期日
3 電波の型式および周波数
4 予備免許の有効期間
5 工事の落成の期限
6 無線設備の設置場所
7 通信の相手方および通信事項


※この問題は、実際に出題された問題の選択肢の一部
 紛らわしいため、予備免許の指定事項を理解する事
 を主眼と致しました。

解答と解説は、次回、行います。
予備免許の指定事項は、何の為に指定されているか理
解して下さい。



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (14)ATCRBS他の解答

        第20期受験直前講座
       (14)ATCRBS他の解答

今回は、前回出題いたしました ATCRBS とパルス・レ
ーダーの付加装置である MTI に関する演習問題の解答
とと解説を行います。
それでは、もう一度、演習問題を見てみましょう。

 [演習問題19]
次の記述は、 ATCRBS(航空交通管制用レーダービー
コンシステム)について述べたものです。(  ) に入
れるべき正しい字句を下の番号から選んで下さい。

(1)  ATCRBSは、地上施設のインタロゲータ(質問器
       ) と航空機に搭載された ATCトランスポンダー (
      応答器)で構成されている。
(2)  地上施設のインタロゲータは、( A ) レーダー
      であり、SSR と呼ばれる。
(3)  SSR は、ATCトランスポンダーに向けて発射され
      る電波の周波数は、( B ) [MHz] である。
(4) モード C では、ATC トランスポンダーは、航空機
  の ( C  ) 情報を送信する。

1 一次  2 1030  3 高度  4 1060  
5 姿勢      6 1190   7 位置   8 三次  
9 降下率 10  二次 

[解答と解説]
まず”ATCRBS”とは、何かと言うお話からします。
ATCRBS とは、Air Traffic Control Radar Beacon
System  の略で問題文にあります様に日本語で 航空
交通管制用レーダービーコンシステムと言います。
管制を行う為には、航空機の位置、高度、速度等の情
報が必要です。航空機の位置や速度は、パルス・レー
ダーで知ることが出来ます。
しかし、複数の航空機が空港の近くを飛行していたと
しますと、レーダー画面でどの機影が何処の航空会社
のどの便であるか?また、現在の高度等は、どの位な
のか?そこで、航空機に対して、地上施設から必要な
情報を得る為の装置が必要になります。
次の図は、 空港に設置された ASR と SSR 用のアン
テナです。


下側が ASR で、上側が SSR 用のアンテナで共に、パ
ラボラ・アンテナ (回転放物面の一部) を使用していま
す。

全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (14)ATCRBS他

         第20期受験直前講座
         (14)ATCRBS他

今回は、ATCRBS とレーダーの付加機能であるMTI他
に関する演習問題を出題いたします。
ATCRBS とか MTIとか聞いた事が無いと言う方は  少
し勉強が不足していますね。
実際の試験で面食らわない様、 この際、覚えておきま
しょう。

それでは、問題です。

[演習問題19]
次の記述は、ATCRBS(航空交通管制用レーダービー
コンシステム)について述べたものです。(   ) に入
れるべき正しい字句を下の番号から選んで下さい。

(1) ATCRBSは、地上施設のインタロゲータ(質問
   器)と航空機に搭載された ATC トランスポンダ
        ー ( 応答器 )で構成されている。
(2) 地上施設のインタロゲータは、( A ) レーダ
        ーであり、SSR と呼ばれる。
(3) SSR は、ATC トランスポンダーに向けて発射
        される電波の周波数は、( B )[MHz] である
        。
(4)モード C では、ATC トランスポンダーは、 航
        空機の ( C ) 情報を送信する。

1 一次  2 1030 3 高度 4 1060  5 姿勢
6 1190   7 位置  8 三次 9 降下率 10  二次 


[演習問題20]


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (13)ASRとARSRの解答

          第20期受験直前講座
       (13)ASRとARSRの解答

今回は、ASR とARSR及び航空管制用レーダーについて
の演習問題の解答を行います。
初めに演習問題を見てみましょう。

[演習問題18]
次の記述に当たるレーダーの名前を 下の語群から正しい
ものを選んで下さい。

 (1) 空港周辺空域における航空機の進入及び出発管制を
     行う為に用いられる レーダーで通常、 SSRと一緒
       に使用されるレーダーで ( A ) と呼ばれる。
 (2) 航空機の前方(進行方向)の気象状況を探知し、安全
    に飛行をするために用いられる レーダーで ( B ) と
      呼ばれる。
 (3) 最終進入状態にある航空機のコースと正しい降下路
    からのズレ及び着陸地点までの距離を測定しその航
    空機を着陸誘導する為に用いられる レーダーで( C  
    )と 呼ばれる。
 (4) 空港の滑走路や誘導路など地上における移動体を把
    握し地上管制を行う為に用いられるレーダーで( D )
      と呼ばれる。
 (5) 航空路における航空機の動向を監視する為に用いら
    れるレーダーで ( E ) と呼ばれる。

1  PAR   2  ARSR   3  ASDE   4  気象レーダー
5  ASR

[演習問題13の解答と解説]
  (1) は、着陸機の誘導や離陸した航空機を航空路へ誘導
    する為に空港で使用するレーダーです。
    空港で使用されるレーダーと言う事で Airport Sur
        beillance Radar と言う事になりますので答えは
        ”5” 
     改めて言いますが、航行用支援施設は、頭文字を取
   って呼ばれますので、そらぞれの頭文字が何を表し
       ているかを覚える必要があります。

全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (13)ASRとARSR等

                       第20期受験直前講座
        (13)ASRとARSR等

今回は、航空管制に使用されている ASR や ARSR 等に
ついての演習問題を出題いたします。
実際の試験では、ありませんので、良く理解されていな
い方は、遠慮なく今期の記事を見直して下さい。
重要な事は、現在、何が分かっていて何が分かっていな
いかをハッキリさせ、試験迄に必要な事柄を理解し知識
を補う事です。

それでは、演習問題を出題致します。

[演習問題18]
次の記述に当たるレーダーの名前を下の語群から正しい
ものを選んで下さい。

 (1) 空港周辺空域における航空機の進入及び出発管制を
    行う為に用いられるレーダーで通常、SSRと一緒に
      使用されるレーダーで ( A ) と呼ばれる。
 (2) 航空機の前方 (進行方向) の気象状況を探知し、 安
    全に飛行をするために用いられる レーダーで ( B )
      と呼ばれる。
 (3) 最終進入状態にある航空機のコースと正しい降下路
      からのズレ及び着陸地点までの距離を測定し、その
      航空機を着陸誘導する為に用いられるレーダーで (
      C ) と呼ばれる。
 (4) 空港の滑走路や誘導路など地上における移動体を把
     握し地上管制を行う為に用いられるレーダーで( D   
     ) と呼ばれる。
 (5) 航空路における航空機の動向を監視する為に用いら
    れる レーダーで ( E ) と呼ばれる。

1  PAR   2 ARSR   3 ASDE   4 気象レーダー
5  ASR

[演習問題19]


全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (12)ILSの解答

           第20期受験直前講座
         (12)ILSの地上施設 


今回は、 ILSに関する演習問題の解答と解説いたしま
す。 ILSには、 今回、解答と解説を行います地上に設
けられて地上施設(送信設備)と 航空機に搭載された
機上設備(受信設備)がありますが、試験には、 地上
施設しか出ません。
それでは、問題から見てみましょう。

[演習問題17]
次の記述は、 図に示すILS の地上施設について述べた
ものです。(   ) に 入れるべき字句を下の番号から選
んで下さい。

(1) ( A  ) は、 航空機に対して 滑走路の中心線の延
  長上からの(  B  ) のずれの情報を与え、アンテナ
  の位置は、(  C  ) に設置される。
(2) (  D  ) は、航空機に対して、設定された進入角か
     らの (  E  ) ずれの情報を与え、アンテナの位置は
     、(  F  ) に設置される。
(3) (  G  ) は、その上空を通過する航空機に対して、
   着陸地点からの (  H  ) の情報を与え  アンテナの
   位置は、(  I  ) の位置に設置される。

 1  距離    2 方位   3 時間   4  左右
 5  上下     6 ARSR  7 ASR     
 8  ローカライザー              9  TACAN    
10  DME         11   T-DME  12  グライド・パス 
13  マーカー・ビーコン        14   b        15   c
16  a1~a3

 [演習問題17の解答と解説]
(1) ( A )は、”ローカラザー”ですので答えは、”8”
  ( B )は、ローカライザーが滑走路の中心線に対し
  て着陸する航空機の”左右” のずれの情報を航空機
    に与えますので答えは、”4”
  ( C )は、 ローカライザーのアンテナ位置です。  
  直陸する航空機から見て  滑走路の後ろ端に設置さ
  れますので 答えは、”15” 
(2) は、”グライドパス” の事を言っていますので、(   
  D ) の答えは、”12” 



全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (12) ILS

        第20期受験直前講座
        (12)ILSの地上施設 


今回は、ILSに関する演習問題を出題いたします。
ILSに関する最近の試験問題は、文章だけによる問題と
なっていますので  今回出題いたします演習問題の様に
図が有りませんので、ヒントとなるものが有りません。
演習問題を通じて必要な事を覚えておいて下さい。

[演習問題17]
次の記述は 図に示すILS の地上施設について述べたも
のです。(   ) に 入れるべき字句を下の番号から選ん
で下さい。

(1) ( A ) は、航空機に対して、滑走路の中心線の延長
   上からの ( B ) のずれの情報を与え、アンテナの
   位置は、( C ) に設置される。
(2) ( D ) は、航空機に対して、 設定された 進入角か
  らの( E )ずれの情報を与え、アンテナの位置は、
      ( F )に設置される。
(3) ( G ) は、その上空を通過する航空機に対して、直
   着陸地点からの( H ) の情報を与え、アンテナの位
   置は、( I ) の位置に設置される。

 1  距離  2 方位     3 時間      4 左右
 5  上下   6 ARSR    7 ASR     
 8  ローカライザー            9 TACAN    
10  DME      11   T-DME   12    グライド・パス 
13  マーカー・ビーコン      14     b          15     c
16 a1~a3

解答と説明は、次回行います。 
 



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (11)VORとDMEの解答

                        第20期受験直前講座
         (11)VORとDMEの解答

今回は、 前回出題致しましたVORとDMEに関する演習
問題の解答と解説を行います。

それでは、例によって問題から見てみましょう。


[演習問題15]
次の記述は、航空用 DME について述べたものです。
(     ) 内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号か
ら選んで下さい。

(1) 航空用 DME は、 航行中の航空機が 既知の地点
     までの距離を測定するための装置である。
(2) 航空機の機上DME(インタロゲータ)は 地上DME 
        (トランスポンダー)に質問信号を送信し、質問信
    号に対する地上 DME からの応答信号を受信して
        質問信号から応答信号の受信までの(  A   )を計
        測し、航空機と地上DMEとの距離を求める。
(3)VOR(超短波全方向無線標識)と併設された  DME
      の距離情報とVORからの(   B   )の情報と組み合
      せることによって  航空機は、自己の位置を把握
        すことができる。

      A                B
1         速度     経度
2   速度    磁北からの方位角
3   時間    緯度
4   時間    経度
5   時間    磁北からの方位角
6   速度    緯度


[演習問題15の解答と解説]
  航空機から発せられた質問電波を地上設備が受けて
  、質問電波を復調し、 質問信号を50 [μs] 後に変
 調して応答信号として送り返してきます。電波の速
 度は、分かっていますので、質問電波の発射から応
 答電波を受信するま
での時間を測れば DME 迄の距
 離が分かります。


 航空機で VOR の電波を受けますと、VORからの方
 位を知る事が出来ます。方位の測定方法は、 [演習
 問題15の解答と解説] の中でお話します。 


 答えは、”5”

                図-1


[演習問題16]




全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期受験直前講座 (11)VORとDME

                    第20期受験直前講座
         (11)VORとDME

今回は、VORと DMEについての演習問題を出題いたし
ます。


[演習問題15]
次の記述は、航空用 DME について述べたものです。( 
        ) 内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号
から選んで下さい。

(1) 航空用 DME は、 航行中の航空機が 既知の地点
     までの距離を測定するための装置である。
(2) 航空機の機上DME(インタロゲータ)は 地上DME
        (トランスポンダー)に質問信号を送信し、質問信
        号に対する 地上 DME からの 応答信号を受信し
        て質問信号から応答信号の受信までの(   A   )を
        計測し、航空機と地上DMEとの距離を求める。
(3) VOR(超短波全方向無線標識)と併設された DME
        の距離情報と VOR からの (   B   )の情報と組み
        合せることによって  航空機は、自己の位置を把
        握することができる。

     A              B
1         速度       経度
2   速度    磁北からの方位角
3   時間    緯度
4   時間    経度
5   時間    磁北からの方位角
6   速度    緯度


[演習問題16]



全文は、記事をお買い求めの上、お読みください。

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?