leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」大21期(平成30年2月期向け)法規のシラバス

       第21期(平成30年 2月期向け)
         「法規」のシラバス

皆様、今日は。 当塾を主宰いたします TOITA です。
これから平成30年2月の試験に向けて半年間に渡って
当講座でお話いたします内容が決まりましたので発表
いたします。


皆様のこれからの学習計画にお役立て下さい。

第1章無線局の免許
 1-1.無線局の開設(法4,6)
 1-2.無線局の変更検査(法18)
 1-3.免許状の交付・訂正・返納(法14,21,
     24、施38、局免23)
 1-4.無線局の廃止(法22~24,78、113)

第2章無線局の運用
 2-1.混信の防止(法56)
 2-2.混信防止の措置(運15)
 2-3.無線局免許記載事項遵守の運用(法52
     ~55,57)
 2-4.航空機局の運用/航空局の指示(法70、
     運142)
 2-5.義務航空機局の聴取電波(法70、運
     147)
 2-6.義務航空機局の無線設備の機能試験(
     運9)
    2-7.   呼出し及び応答(運18,19,20,22
     23.26.154)
 2-8.不確実な呼出に対する応答(運26、14
     18)
 2-9.試験電波の発射(運39、14、18、154)
 2-10.ノータムの定義と通信順位(運150)
 2-11. 遭難航空機が遭難通信に使用する電波(
     運168)
 2ー12. 遭難通信の取り扱い(法52、66,67、
     70)
 2ー13. 遭難通報の宛先(運169)
 2ー14. 遭難通報に応答した航空局、航空機局の 
       取るべき措置(運171、172)
 2ー15. 遭難通信が終了した時の宰領局のとる措
     置(運174)
 2-16. 緊急通信が行われる場合(法52)
 2-17. 航空局等が緊急通信を受信した時の措置
     (法67,70、運93,176、177)



第3章監督
 3-1.無線従事者の法令違反に対する処分(法
      79)
 3-2.総務大臣への報告(法80)

第4章業務書類
    4ー1.  免許状の掲示(施38) 
   4-2. 無線業務日誌の記載事項(施39,40)

第5章無線設備
 5-1.電波の型式(施4)
 5-2.航空機用救命無縁機の一般条件(設45
     )


第6章無線従事者
 6-1.無線設備の操作(法39、施34)
6ー2.   主任無線従事者の監督の元に行える操作
 6ー3.   免許証の交付・返納・再交付(従47、
     50、51、施38)
 6ー4.   


第7章国際電気通信連合憲章
 7-1.違反の通告(無線通信規則15)
 


以上
※学習内容は、予告なく順番が変わる事があります。予め
 ご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思われる事柄
   をお話してまいりますが、これで全てでは、ありません
  。
 当講座でご理解頂ければ、当講座でお話ししない事柄も
 興味を持ちご理解して頂ける様になります。
 それでも、お分かりにならない事は、当講座にご質問下
  さい。
  但し、ご質問は、会員登録された会員様に限らせて頂き
  ます。
※シラバスを見て頂きました様に学習内容は、多いので
   しづつ勉強を続けて下さい

以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













スポンサーサイト
テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期(平成30年2月期向け無線工学のシラバス

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第21期無線工学のシラバス

平成30年2月期向け 第21期受験講座でお話をい
たします内容が決まりましたので お伝えいたし
ます。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?
 2. 電波の輻射
 3. アルフォード・アンテナ                    
 4. 小電力用同軸ケーブル
 5. 導波管の特徴

第2章 航法支援施設
 1. VOR/DME
 2. ASDE
 3. ILSの地上施設


第3章 半導体・電子管・電子回路
 1.  半導体とは?
 2.  ダイオード
 3.  トランジスター
 4.電流増幅率αとβの関係
 5.  FETの一般的特徴
 6.負帰還増幅回路



第4章 DSB送受信機
 1.  AM(A3E)とは?
 2.A3E送信機の構成
 3. スーパーヘテロダイン受信機の動作
  4.受信機の性能(感度・選択度・忠実度)


第5章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.PLLによる直接変調器の原理

第6章SSB送受信機
 1.SSBとは?
 2.平衡変調回路の出力と周波数成分
 3.SSB受信機の構成


第7章 通信方式その他 
 1.  DSB方式に比べてのSSB方式の特徴
 2.  全世界測位システム(GPS)


第8章 電源
 1.  鉛電池の動作状対(充電中)
 2.  浮動充電方式の特徴
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの左手の法則

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  直流回路
 5.  RLC並列共振回路



以上


※学習内容は、予告なく順番が変わる事があり
 ます。
   予めご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思
 われる事柄をお話してまいりますが、これで
 て全てでは、ありません 。
 当講座でご理解頂ければ、関係する事柄も興
 味を持ちご理解して頂ける様になります。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」から
のお知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 ~受験の心得(極意)~

           第21期受験直前講座
         ~受験の心得(極意)~

塾生の皆様、半年間、お疲れ様でした。
当塾を主宰しています、TOITAです。

いよいよ、試験が、間近となりました。
ここで、 コツコツと受験の準備をされてきた塾生の皆
様が「航空無線通信士」の試験に 合格する為の極意を
お話致します。
これからのお話は、 受験勉強を怠ってしまった方へは
、次回に繋がる重要なお話になりますので、 是非、最
後迄お読み下さい。

1.試験を必ず受ける
2.心身を万全な状態にする
3.計算問題は、途中の計算式も書く
4.試験会場は、最後迄居る

それでは、1つ1つご説明いたします。

1番は、当たり前ですね。宝くじでも買わなければ当
たりません。
「当たり前すぎて何を言っているのだろう?」とお思
いの方もいらっしゃると思いますが、一番重要な事
す。
すでに、受験準備は、万全と言う方は、良いのですが
、受験準備が充分でなく、今回は、受験を止めようと
思っている方がいらっしゃると思います。
実際に、近年、受験申請をしても受験されない方が増
えています。
皆様方の多くは、「無線従事者」試験を受験されるの
が、初めてになると思います。 
もし、今回は、試験を見送って、自信の付いた次回に
受験するとします。
すると、 その時が 初めての経験になりますので実力
が発揮できるでしょうか?
私は、大学で第1級陸上無線技術士の受験指導の時に 
「先生。 今回は、 自信がないから 受験しません。」
と言う学生に対して、「 名前を書くだけでも  いいか
ら 受験して来なさい。」と言っています。
受験会場の 雰囲気を見て来るだけでも  次回、受験す
る時に、大いに余裕となります
出来れば、今の実力を知る為にも、出来るだけ答えを
書いてきましょう。
受験される方お一人お一人の試験結果が発表される事
は、けっしてありません。
何点取れたか分かるのは、受験されたご自身だけです

現在の実力を知る事が重要です。
現在の実力が分からなければ、合格の為の対策の取り
ようがありません。
高い受験料を払った試験会場は、皆様のものです。試
験会場の雰囲気を見て来てください。 
試験会場にいる人は、皆、見ず知らずの他人です。
試験会場は、ご自分の家だと思い、試験問題は、ご自
分が用意した、実力を確認するための問題集だと思え
ば良いのです。他の人を気にする必要は、何もありま
せん。


受験する事が、 合格証を手にする重要な第1ステップ
になります。


2番も当然な事ですが、受験の準備が万全だとしても
当日、体調が悪くて受験ができないと言う様な事があ
っては 半年間の努力が無駄になってしまいます。
試験の1日2日前にどんなに頑張っても効果は、知れ
たものです。 1日2日の頑張りですむなら1週間もミ
ッチリ勉強すれば合格出来るはずです。

試験の前日は、おいしい物でも食べてゆっくり好きな
事をしてリラックスして下さい。

3番。計算問題は、問題用紙の裏に式を書き、計算す
ると思いますが、簡単な部分を頭の中で計算を行いま
すと、計算の途中の過程が紙に残りません。
後で見直した時、 紙に残さなかった部分は、 正しい
ものだと 勝手に解釈してしまい、間違いに 気が付か
ない事が良くあります。
試験問題は、良く出来たもので、途中の計算が間違っ
た時に得られる答えを選択肢に入れてあります。
その場では、正しい答えを書いたものと思ってしまい
ます。
ちょっとしたミスで1問落とす事は、大きな痛手です

必ず、時間がなくても、計算の途中経過も書きましょ
う。試験では、実際のパイロットや管制官等になって
実務についた時、冷静に判断できるか?という事も含
めて引っ掛け問題を作っています。


4番。良く、この科目は、自信がないから、早めに試
験会場を出て、次の試験科目の準備をすると言う人が
意外と多いのです。
皆様は、それを当然の事と考えるかもしれませんが、
次の試験迄の短い時間で本当に効果が有るのでしょう
か?
これは、2番でお話した事と同じです。
試験の数日前になって、一生懸命に勉強されるのと同
じです。
試験会場を早めに出るより、何度も何度も見直しをし
、失点を防いだり、分からない問題を解いた方が有効
です。
何度も見直していると 2度目の見直しで気が付かなか
ったミスに 3度目の見直しで気づく事も有ります。
当塾の卒業生のクロちゃんさんも最後まで、受験会場
にいたとその受験体験記に書かれています。
会場を見渡して、最後迄いる人は、当塾の受講生さん
かも知れませんね?是非声をかけてみて下さい。

それから、どうしても分からない問題でも 必ず答えを
書いて来ましょう。
書いた事により合格出来たら、後で、 分からなかった
所を勉強すれば良いのです。
分からなかった事は、悔しい事です。
一番大切な事は、「合格」する事。 次に大切な事は、
「分からなかった事をそのままにしない」事です。

試験では、 今持っている実力を充分に発揮する事です

仮に、 合格できなくても、その時の、実力の不足分を
正しく評価出来れば、次へ繋がります。
試験は、一発勝負では、ありません。合格は、一歩一
地道に前進する方のみが合格を手にします
不合格は、恥では、ありません。 恥と思っている人に
合格は、ありません。

それでは、気楽な気持ち受験を楽しんで来て下さい。



Good luck! I’m sure you’ll succeed.






応援して頂ける方は、「航空」の文字か下のバナ
ーをクリックして下さい。 


 


    「航空


 


テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (27)電気力線とフレミングの法則の解答

         第21期受験直前講座
        (27)電気力線及びフレミング
            の法則の解答

今回は、 前回出題しました 「電気力線」と「フレミン
グの法則」についての演習問題をの解答をいたします。
それでは、演習問題をご覧ください。


[演習問題43]
図-4 の様に正の電荷と負の電荷が存在します。
この時、 A、B、C、D と書いていある矢印の根元の
の丸の点での電界の方向は、  A でしょうか?  B で
しょうか? C でしょうか? D  でしょうか?



[ヒント]
茶色の点に ”+1 [C] ”の電荷を置いたとき、”+1 [C]
電荷が動く方向が電界の向きです。

[演習問題44]
次の記述は、電磁力に関する フレミングの左手の法則
について述べたものです。
(      ) 内に入れるべき 字句の組合せの内 正しい
番号を選んで下さい。

 (1) 左手の親指、人差し指及び中指を互いに直角に曲
     げた時、親指が ( A ) の向きを表す。
 (2) (1) の人差し指は、(  B  )の向きを表す。
 (3) (1) の中指は、(  C  ) の向きを表す。

    A         B       C
1  電磁力    電流     磁界
2  電磁力    磁界     電流
3  磁界       電磁力      電流
4  磁界     電流       電磁力
5  電流     磁界       電磁力

[ヒント]
電磁力とは、 電流により発生した磁力による力の方向
です。

[演習問題43の解答]
ヒントにあります様に、茶色の丸の点に "+1[C]"の単
位正電荷をおいてみます。
その点から電気力線を右に辿りますと ”+の電荷”があ 
りますので、反発し、単位正電荷は、 A方向への力を
受けます。
一方、茶色の丸の点から電気力線を左に辿りますと ”
-”の電荷がありますので、 単位正電荷は、引き寄せ
られます。

以上の事から答えは、”A”。 

[演習問題44の解答] 
左手をグーの状態から親指、人差し指、中指それぞれ
の指が相互に直角になる様に開きます。 
右手でも同じ事をして先の左手の中指と右手の中指の
先端同士を接触させます。
中指は、電流の方向左手の法則と右手の法則では、
電流の方向が逆になる事が重要です。 
後は、親指は、運動(電磁力)の方向ですので、残りは
、人差し指の磁界の方向と言う事になります。

よって、答えは、”2”。 


今回をもちまして、平成30年2月期向け講座は、終了
です。
半年間、お付き合い頂きまして有難うございました。
後2日です。 体調を崩して受験出来ないと言う事だけ
は、避けて下さい。
                            
   Good luck! I’m sure you’ll succeed.




 


テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (27)電気力線とフレミングの法則

         第21期受験直前講座
     (27)電気力線及びフレミングの法則

今回は、「電気力線」と「フレミングの法則」についての
演習問題を出題いたします。

「電気力線」って何だっけ?電気の力が線状になっている
のか?などと思う人は、いないと思いますが、演習問題の
前に復習をしておきましょう。そして、フレミングの法則
についても復習をしてから演習問題に致します。

1-1.電気力線とは?
  1)電気力線は、電界の様子を表す仮想の線です。
  2)電気力線の密度界の強さを表します。

         図-1

   図-1は、電荷から電気力線が出ている様子を示
   しています。
       A とA'は、同じ単一面積ですが、緑の電荷から
   離れる程、単一面積を通過する電気力線の数 (
        密度) が少なく(低く)なっています。
    つまり、 電荷から離れる程、電界が弱くなりま
        す。 



   3)電気力線の接線方向電界の向きを表します。
    電界とは、電気の力が働く空間の事ですが、 電
        界それぞれの場所における ”強さ”、”向き”、を
    表すものが電気力線です。

  その性質を幾つか列挙しておきます。
1-2.電気力線性質
  1)”+”の電荷から出て”-”の電荷に入る。 
  2)電気力線は、”+”の電荷の表面から垂直に出る
    。 
  3)電気力線は、無限遠に向かう事もある。

         図-2


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」教務課からのお知らせ 第21期講座終了のお知らせ

      第21期講座終了お知らせ


当講座を主催していますTOITAです。何時も当講座
をご愛読頂きまして誠に有難う御座います。
試験迄後4日となりました。
平成30年2月期向け受験講座(第21期)は 2月22日
を持って終了致します。
試験の2日前に終了しますのは、 受験前日は、勉強
をするより体調を整えて、万全な状態で試験に臨ん
で頂きたいからです。
さて、平成31年8月期向け講座(第22期)の開講は、
2 週間程、準備期間を頂きましての開講となります


日程は、決まり次第お伝えします。
なお、第22期開講迄の間、色々とお伝えする事が有
りますので、時々、覗いて下さい。

それでは、試験。頑張って来て下さい。

             平成30年2月20日
                 TOITA




 


テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (26)クーロンの法則と電界の解答

           第18期受験直前講座
     (26)クーロンの法則と電界の解答



今回は、前回出題致しました演習問題の解答を行います


[演習問題の41]
次の記述は、クーロンの法則について述べたものです。
(   ) の内に入れるべき字句を下の語群から選んで答え
て下さい。

(1) 二つの点電荷の間に働く力の大きさは、それぞれの
     点電荷の大きさの ( ア ) に比例し それらの間の
     距離の ( イ ) に反比例し、 その方向は、両点電
     荷を結ぶ直線上にある。
(2)この法則において、二つが異種の場合は、( ウ )
    方向に力が働き、同種の場合は、( エ ) 方向に働
    く。

 (積)      (和)  (商)   (差)
 (3乗)        (2乗)    (1乗)
 (反発する)          (吸引する) 



[解答]
(ア)   クーロンの法則の式を見て頂きますと、分子でそ
        れぞれの電荷の電気量を掛けていますので、答え
        は、”積”
(イ)  式の中には、 分母に距離の2乗が出てきますので、
       答え、”2乗”
     この問題文は、 球の表面積の求め方を知らない中
       学生向けですので、皆様は、球の表面積に反比例
       すると覚えて下さい。


 


(ウ) 異種の電荷ですので答えは、”吸引する”
(エ) 同種の電荷ですので答えは、”反発する”

[演習問題の42]

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (26)クーロンの法則と電界

        第21期受験直前講座
     (26)クーロンの法則と電界          



今回は、クーロンの法則電界に関する演習問題を
出題いたします。普通にクーロンの法則と言います
と「静電気に関するクーロンの法則」を指しますが
、もう一つ「磁気に関するクーロンの法則」があり
ます。
電荷を磁極に、 誘電率を透磁率に それぞれ入れ替
えますと「磁気に関するクーロンの法則」になりま
す。
考え方は、どちらも同じですので、受験直前講座で
は、「静電気に関するクーロンの法則」を扱います

もし、2月期の試験で「磁気に関するクーロンの法
則」や「磁界」についての問題が出題されても  考
え方が同じ である事を知っていれば 慌てずに済む
事と思います。

それでは、「静電気に関するクーロンの法則」と「
電界」について少し、復習をした後、演習問題を出
題いたします。

1.「静電気に関するクーロンの法則」の復習

 上の図をご覧下さい。誘電率がεの媒質の中にQ
 と Q2 の電荷が有ったとします。
 誘電体は、木や空気や その他電気を通さない物質
 であれば何でもかまいません。肝心なのは、 任意
 の物質の中に2つの電荷が r [m] の距離で向き合
 っていると言う事 です。

 電荷が単独で存在する時は、何も起こりませんが、
 電荷が複数個ありますとお互いの間に力:F[N]が
 働きます。



方向  電荷が”+”と”-”の様に異なる時は、
       引き合う方向
       
電荷が”+”と”+”または、”-”と”-
       ”の様に同じ時は、反発する方向

大きさ:F[N]

     [NQ1・Q2/(4πεr^2(1)

  (1)式は、全ての電気現象の基礎となる 重要な法
  則です。
  その有り難さは、電気について知れば知るほど感
    じます。
  式には、意味が有ります。
  (式をただ、暗記するのは、大変ですが、式が 意
    味するところを知れば  暗記せずに何時でも活用
    できます。)
  (1) 式では、2つの電荷が 距離:r [m] を隔てて
    おかれています。
  1つの電荷が置かれ、 その近くにもう 1つ電荷を
    おきますと互いの間で力が働きます。
  それぞれの電荷が 他方の電荷に及ぼす力は、 電
  荷Q1又は、Qとの互いの距離が r [m]でありさ
    えすれば、どこにあっても良いので仮に、Q
    中心に考えますと Q2 は、Q1 からの半径: r [
    m]の球の表面のどこかに有る事になります。
  (2つの電荷を平面上でなく、3 次元の空間で考
    えましょう。)

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (25)電源その2フローティング充電の解答

       第21期受験直前講座
      (25)電源その2フロー
        ティング充電の解答

今回は、フローティング充電(浮動充電)の演習問
題の解答と解説を行います。
それでは、問題から見てみましょう。

[演習問題40]
次の記述は、図に示す浮動充電(フローティング) 方
式について述べたものです。(      ) 内に入れるべき
字句を下の番号から選んで下さい。

(1) 直流電源、蓄電池及び負荷は、(  ア  ) に接続す
     る。
(2) 蓄電池には、(  イ  ) を補う程度の微小電流で充
  電を行う。
(3) 通常、負荷への電力の大部分は、(  ウ  ) から供
  給される。
(4) 蓄電池は、 負荷電流の 大きな変動に伴う電圧変
     動を吸収(  エ  ) 。
(5) 過放電になったり、充放電を繰り返すことが (
  オ  ) ので充電池の寿命が (  カ  ) なる。

1 直流電源  2 直列  3 蓄電池  4 長く
5 自己放電量 5  しない 6 短く   7 停電
9 並列    10    多い  11   並列   12   する
13 少ない


[演習問題40の解答と解説]
(1) この問題のオリジナルには、次の様な図がついて
  いました。

  オリジナルでは、エンジンの代わりに交流。
  直流発電機の代わりに整流器(直流電源)となっ
  それぞれ箱で囲われ一本の線で繋がっています。
  そして整流器と負荷を結ぶ線に蓄電池がぶら下が
  っているというものです。
  今の説明の図は、用意していませんので紙に書い
  て見てください。
  負荷と蓄電池は、整流器にどちらも直接繋がって
  いますので、”並列接続”を表しています。
  図-1では、直流発電機と電池(蓄電池)と負荷が
  並列に接続されているのがお分かりになると思い
  ます。アの答えは、9の”並列”
     
      お詫び・・・選択肢の11も”並列”ですのでどちら
        も正解です。

  他の設問に先立ちまして、フローティング充電の
  説明を致します。
  図-1は、自動車など、外部から交流電源を得られ
  ない物でのフローティング充電を表しています。
  自動車でのフローティング充電を考えてみます。
  自動車のボンネットを開けますとエンジンにベル
  トが掛かっていまして発電機を回しています。
  発電機は、バッテリー(蓄電池)に繋がれいます
  。
  電池は、負荷であるエンジンやオーディオやカー
  ナビやドライブレコーダ等に接続されています。
  それからエアコンにも接続されています。
  
  ここからが重要なのですが、発電機で発電された
  電力の大半は、今、述べました負荷で消費されま
  す。負荷となるエンジンや電子機器の使用状態は
  、多い時と少ない時があります。
  と言う事は、蓄電池へは、余った電力が充電され
  る事になります。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (25)電源その2フローティング充電

       第21期受験直前講座
      (25)電源その2フロー
          ティング充電

今回は、フローティング充電(浮動充電)について
の演習問題を出題致します。
フローティング充電については、近年、問題がやさ
しくなっていますが、今は、試験では、ありません
ので理解を優先する事として、難しい問題を出題致
します。

[演習問題40]
次の記述は、図に示す浮動充電(フローティング) 方
式について述べたものです。(      ) 内に入れるべき
字句を下の番号から選んで下さい。

(1) 直流電源、蓄電池及び負荷は、(  ア  ) に接続す
     る。
(2) 蓄電池には、(  イ  ) を補う程度の微小電流で充
  電を行う。
(3) 通常、負荷への電力の大部分は、(  ウ  ) から供
  給される。
(4) 蓄電池は、 負荷電流の 大きな変動に伴う電圧変
     動を吸収(  エ  ) 。
(5) 過放電になったり、充放電を繰り返すことが (
  オ  ) ので充電池の寿命が (  カ  ) なる。

1 直流電源  2 直列  3 蓄電池  4 長く
5 自己放電量 5  しない 6 短く   7 停電
9 並列    10    多い  11   並列   12   する
13 少ない


解答と解説は、次回、行います。




以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (26)電源その1(鉛蓄電池の動作)の解答

        第21期受験直前講座
       (25)電源その1(鉛蓄
         電池の動作の解答)

今回は、前回出題致しました鉛蓄電池の動作について
の演習問題の解答を行います。
まずは、問題から見てみましょう。


[演習問題39]
次の記述は、鉛地区電池に電流を流して充電している
ときの状態について述べたものです。(     ) 内に入れ
べき字句の正しい組合わせを下の番号から選んで下さ
い。

(1)  電池は、すこしずつ (   A   ) する。
(2)  電解液の比重は、徐々に (   B   ) する。
(3)  充電中に発生するガスは、水素と (   C  ) である
   。

   A         B          C
1   吸熱  低下  窒素
2     発熱  低下  窒素
3     発熱  上昇  酸素
4     発熱  低下  酸素
5     発熱  上昇  窒素

[演習問題39の解答]

鉛電池は、 陽極が二酸化鉛(PbO2)、陰極が鉛(Pb)
 、電解液が希硫酸(H2SO4) と言う構成です。
充電とは、電池に電圧を加え電気エネルギーを化学エ
ネルギーに変換して蓄える事です。
充電時には、以下の事が起こります。

 ・ 電池が発熱する。
 ・ 電解液の比重が上昇する。
 ・ 水素酸素発生する。

この3点を覚えておいて下さい。
発熱は、化学反応の為です。充電すると言う事は、硫
酸の濃度を高める事ですので比重が上昇します。
水素と酸素は、水の分解によりおこります。
よって、答えは、”3”

次回は、充電方式の一つである フローティング充電に
ついての演習問題を出題いたします。


 




以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
















テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (25)電源その1(鉛蓄電池の動作)

        第21期受験直前講座
    (25)電源その1(鉛蓄電池の動作)

今回から電源に関する演習問題を行います。
電源は、受験される方もあまり関心を示されない項目
ですが、比較的理解もしやすく、試験で得点しやすい
項目です。
合格する為には、理解出来ない項目より理解しやすい
項目を勉強し確実に得点する事が得策です。

今回は、鉛電池の動作に関する演習問題を出題致しま
す。

[演習問題39]
次の記述は、鉛地区電池に電流を流して充電している
ときの状態について述べたものです。(     ) 内に入れ
べき字句の正しい組合わせを下の番号から選んで下さ
い。

(1)  電池は、すこしずつ (   A   ) する。
(2)  電解液の比重は、徐々に (   B   ) する。
(3)  充電中に発生するガスは、水素と (   C  ) である
   。

   A         B          C
1   吸熱  低下  窒素
2     発熱  低下  窒素
3     発熱  上昇  酸素
4     発熱  低下  酸素
5     発熱  上昇  窒素

解答と解説は、次回、行います。


 



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング















テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第21期受験直前講座 (24)インマルサットの解答

        第21期受験直前講座
     (24)インマルサットの解答 

今回は、前回出題いたしましたインマルサットに関す
る演習問題の解答と解説を行います。

それでは、演習問題から見てみましょう。
[演習問題38]
 次の記述は、 インマルサット 航空衛星システムにつ
いて述べたものです。このうち正しいものを1、誤っ
ているものを2と答えて下さい。 

ア 通信は、衛星(人工衛星局)を介して航空機
  航空機地球局 )相互間でのみ行われる。
イ 遭難通信・緊急通信及び公衆通信などで電話及び
  データ伝送等のサービスが提供されている。
ウ 世界各地に配置されている航空地球局と衛星 (人
  人工衛星局)間の使用周波数は、1.5 及び1.6[G
  Hz] 帯である。
エ 極地域を含み全地球をほぼカバーしてサービスが
  提供されている。
オ 航空機(航空機地球局)と 衛星(人工衛星局)間の使
  用周波数は、4 及び 6 [GHz] 帯である。

[解答と解説]
ア インマルサットは、 航空機地球局と航空地球局と
  の間を衛星を介して (中継)通信を行う物ですので
  問題文の赤字の部分の様に航空機相互の通信にイ
     ンマルサットを使う事は 出来ません。
   よって、答えは、”2”。 
 
イ インマルサットは、民間の人工衛星で問題アの解
  説の通り、航空機地球局と航空地球局の間の通信
  の中継に使われます。
  そのサービス内容は、デジタル音声とデータを扱
  っていますが  その用途は 航空会社と航空機の間
      で ”運行管理”や”運行業務” そして 乗客の為の公
      衆通信です。
      <要点>
  民間用で航空管制には、使用されない。と言う事
  です。航空局とは、管制の為の局だけでなく地上
  に開設されたカンパニー無線の地上局も含まれま
  す。
  そこで、 問題文の赤字の部分の”遭難通信や緊急
  通信”ですが、 衛星を介さない無線通信の様に遭
  難機と捜索機や航空管制の局と 遭難機の通信は、
  インマルサットでは 出来ませんので 遭難機が遭
  難機を運行する運行会社へ遭難や緊急事態を伝え
      る事は、できますので、”1” と答えるか ”2”と答
  えるか微妙な問題です。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (24)インマルサット

        第21期受験直前講座
       (24)インマルサット 

今回出題いたします通信衛星の演習問題は、近年周
期的に出題されていますので 今度の2月期に出題さ
れる可能性が高いので勉強されていない方は、この
機会に勉強しておきましょう。
受験直前にして、 1点でも多く取る努力が合格へ繋
がります。

それでは、演習問題です。
[演習問題38]
 次の記述は、 インマルサット 航空衛星システムに
ついて述べたものです。 このうち正しいものを1、
誤っているものを2と答えて下さい。 

ア 通信は、 衛星(人工衛星局)を介して航空機(航
  空機地球局 )相互間でのみ行われる。
イ 遭難通信・緊急通信及び 公衆通信などで 電話
  及び データ伝送等の サービスが提供されてい
  る。
ウ 世界各地に配置されている航空地球局と衛星(
  人工衛星局)間の使用周波数は 1.5 及び1.6 [
  GHz] 帯である。
エ 極地域を含み 全地球を ほぼカバーしてサービ
  スが提供されている。
オ 航空機 (航空機地球局)と 衛星(人工衛星局)間
  の使用周波数は、4 及び 6 [GHz] 帯である。



問題集とは、 一部設問を代えていますので 問題集
を見ても 答えがわかりませんので 勉強しなおして
からチャレンジして下さい。
   



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (23)GPS1の解答

               第21期受験直前講座
        (23)GPSの解答

今回は、前回出題いたしましたGPSに関する演習問題
解答と解説を行います。
解説の中には、GPSを使って、自分の位置が分かる仕
組みの核となる部分が含まれていますので最後迄お読
下さい。
それでは、問題から見てみましょう。

[演習問題37]
次の記述は、GPS(世界測位システム)について述べた
ものです。(     ) 内に入れるべき字句を下の番号から
選んで下さい。
(1) GPS衛星は、地上からの高度が約(   ア ) [km]
     の高さにある。
(2) GPS衛星は、異なる(   イ   ) 配置される。
(3) 各衛星は、 一周約(   ウ   ) で地球を周回してい
  る。
(4) 測位に使用している周波数は、(   エ   ) である。
(5) 一般に、 任意の(   オ   ) からの電波が受信でき
     れば、測位は、可能である。
(6) 地球上での測位は、衛星から送られてくる(   カ
     ) 信号を元に行う。

1   20,000     2  2つの軌道上に  3  12時間
4   短波(HF)帯  5  2個の衛星    6 36,000
7   6つの軌道上 8  24時間      9   極超短波
                   (UHF)帯
10 4個以上   11  時刻信号    12 位置信号

[演習問題37の解答と解説]
(1) 地球からの高度は、約21,000 [km] ですので、
     アの答えは、”1”を選びます。
(2) イは、軌道の数を求めていますので答えは、”7”
  。各軌道には、4つづつの衛星が周回しています
  ので、 合計24個の衛星が廻っている事になりま
  す。
(3) それぞれの衛星は、それぞれの軌道を 12時間か
    けて軌道を一周しますのでウの答えは、”3”


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (23)GPS

               第21期受験直前講座
          (23)GPS

今回は、GPSに関する演習問題を出題致します。

[演習問題37]
次の記述は、GPS(世界測位システム)について述べた
ものです。(     ) 内に入れるべき字句を下の番号から
選んで下さい。
(1) GPS衛星は、地上からの高度が約(   ア ) [km]
     の高さにある。
(2) GPS衛星は、異なる(   イ   ) 配置される。
(3) 各衛星は、 一周約(   ウ   ) で地球を周回してい
  る。
(4) 測位に使用している周波数は、(   エ   ) である。
(5) 一般に、 任意の(   オ   ) からの電波が受信でき
     れば、測位は、可能である。
(6) 地球上での測位は、衛星から送られてくる(   カ
     ) 信号を元に行う。

1   20,000     2  2つの軌道上に  3  12時間
4   短波(HF)帯  5  2個の衛星    6 36,000
7   6つの軌道上 8  24時間      9   極超短波
                   (UHF)帯
10 4個以上   11  時刻信号    12 位置信号

今回の演習問題は、極最近、出題されました問題に
GPSの測位方法を誤解させる様な部分がありましの
でアレンジして出題しています。
解答と解説は、次回、行います。
解説の中では、測位の原理を説明致します。


 


 


 


 



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング













テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (22)DSBに比べてのSSBの特徴の解答

         第21期受験直前講座
       (22)DSBに比べてのSSBの
              特徴の解答

今回は、 通信方式その他の分類の中から”DSBに比べて
のSSBの特徴についての解答と解説を行います。
それでは、問題から見てみましょう。

[演習問題36]
次の記述は、 DSB(A3E)通信方式と比べたときのSSB(
J3E)通信方式の一般的な特徴について述べたものです。
このうち正しいものを”1”、誤っているものを”2”と答え
て下さい。

ア 必要な空中線電力が少なくてすむ。
イ 占有帯域幅が広い。
ウ 選択性フェージングの影響を受けやす。
エ 他の通信に与える混信が少ない。
オ 変調信号がないとき輻射される電波は、弱くなる。
カ 復調する為にBFOを必要とする。
キ 主にマイクロ波等の高い周波数帯で通信に使用され
  る。 

[解答と解説]
ア 送信アンテナから輻射した電波は、パラボラの様に
  指向性の強いアンテナでも電波は、広がります。
  もし、針の様に細い指向性で電波の広がりがなく受
  信点迄の間に妨げる物がなければ、どんなに遠くで
  も微弱な電波で電波が届きます。
  しかし、指向性アンテナから輻射した電波でも、か
  なりの広がりがあります。
  すると、遠くへ行くほど、広がり、進行方向の垂直
  の単位面積当たりの電力密度が下がります。
  その為、遠くへ行く程、電波が弱く感じられます。
  航空無線通信士の試験では、この現象を電波が減衰
  すると言っていますが、正確な意味では、電波は、
  減衰しません。その証拠に電波の仲間の光は、何億
  光年も先から飛んできます。
  さて、DSBの電波の電力を”1”としますと 搬送波が
  1/2。上側波帯と下側波帯がそれぞれ、 1/4 づつの
      電力配分になります。
  次にSSB(J3E)を考えますと、 搬送波と下側波帯
  又は 上側波帯がなく、 上側波帯又は 下側波帯だけ
     を送信しますので、 DSBと同じ距離と通信する為に
     は、 SSBは、 DSBの1/4 の電力 で送信すれば良い
     事になりますので答えは、”1”
DSBのパワー・スペクトラム   
 SSBのパワー・スペクトラム



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (22)DSBに比べてのSSBの特徴

           第21期受験直前講座
        (22)通信方式その他
                 DSBに比べてのSSBの特徴

今回は、 通信方式その他の分類の中から ”DSBに比べ
てのSSBの特徴についての演習問題を行います。
DSBもSSBも演習問題を行ったばかりですので、実力
試しに挑戦してみて下さい。 

[演習問題36]
次の記述は、 DSB(A3E)通信方式と比べたときのSSB
(J3E)通信方式の一般的な特徴について述べたものです
。このうち正しいものを ”1”、誤っているものを”2”と
答えて下さい。

ア 必要な空中線電力が少なくてすむ。
イ 占有帯域幅が広い。
ウ 選択性フェージングの影響を受けやす。
エ 他の通信に与える混信が少ない。
オ 変調信号がないとき輻射される電波は、弱くなる
  。
カ 復調する為にBFOを必要とする。
キ 主にマイクロ波等の高い周波数帯で通信に使用さ
  れる。 

今回の問題は、 過去問を アレンジしてありますので、
問題集を見ても答えられない設問があります。答えら
れない設問がありましたら、再度、第6章のSSB送受
信機と第7章の通信方式その他を読み直して下さい。
解答と解説は、次回行います。 





以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (21)FM送受信機その3(PLLによる直接変調)の解答

        第21期受験直前講座
            (21)FM送受信機その3
                    PLLによる直接変調の解答


今回は、前回出題いたしました本題のpLLによるFMの直
接変調についての演習問題の解答と解説を行います。
それでは、問題から見てみましょう。

[演習問題35]
図は、PLLによる直接FM(F3E)方式の変調器の原理的な
構成図を示したものです。(     ) 内に入れるべき字句の
正しい組み合わせを下の番号から選んで下さい。



             A                   B                       C
1 周波数逓倍器 低域フィルタ(LPF)   電圧制御発振器
                                                      (VCO)
2   周波数逓倍器 高域フィルタ(HPF)  平衡変調器
3 位相比較器  低域フィルタ(LPF)   平衡変調器
4 位相比較器  高域フィルタ(HPF)  平衡変調器
5 位相比較器  低域フィルタ(LPF)   電圧制御発振器
                                                      (VCO)

[演習問題35の解答と解説]
まず、PLLとはPhase Locked Loop の事である事を
しっかりと覚えておいて下さい。
Phase とは、位相の事です。
PLLを良く理解している方は、Aの答えは、”位相比較器”
である事が分かります。
良く理解で出来ていない方の場合、PLLのPが、Phaseで
ある事を覚えていれば、A の選択肢から ”相比較器”を選
ぶ事が出来ます。
ここで、少し、PLLの復習をしておきましょう。




基準発振器では、水晶を用いて安定したfr と言う周波数を
発振します。VCOは、Voltage Controlled Oscillato r
略で電圧制御の発振器です。
位相比較器は、VCOで発振された周波数を周波数指定情報
を元に整数分の1に分周し信号と、frの位相差([始まり](
-から+へ変化する時、又は、+から-へ変化する時)を比
較します。位相比較器で得られた誤差信号をLPF(低域フィ
ルター)へ通した後の電圧でVCOを制御します。

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (21)FM送受信機その3(pLLによる直接変調)

        第21期受験直前講座
              FM送受信機その3
                        PLLによる直接変調

前回は、PLL による直接変調の演習問題をして頂く為の
準備としまして、PLL についての演習問題を出題いたし
ました。
今回は、いよいよ本題のpLLによるFMの直接変調につい
ての演習問題を出題いたします。

[演習問題35]
図は、PLLによる直接FM(F3E)方式の変調器の原理的な
構成図を示したものです。(     ) 内に入れるべき字句の
正しい組み合わせを下の番号から選んで下さい。



             A                   B                       C
1 周波数逓倍器 低域フィルタ(LPF)   電圧制御発振器
                                                      (VCO)
2   周波数逓倍器 高域フィルタ(HPF)  平衡変調器
3 位相比較器  低域フィルタ(LPF)   平衡変調器
4 位相比較器  高域フィルタ(HPF)  平衡変調器
5 位相比較器  低域フィルタ(LPF)   電圧制御発振器
                                                      (VCO)

解答と解説は、次回行います。


 



以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング












テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (21)FM送受信機その2(PLL)の解答

        第21期受験直前講座
        (21)PLLの解答

今回は、PLLについての演習問題の解答と解説を行いま
す。

いつもの様に、問題からご覧下さい。

[演習問題34]
図は、VHF帯送信機の発振部などに用いられる位相同期
ループ(PLL)を用いた 周波数シンセサイザー発振器の原
理的構成例を示したものです。 (   )内に入れるべき字
句の正しい組合せを下の番号から選んで下さい。


    A                                     B
1  遅延回路        周波数逓倍器
2  遅延回路        周波数逓倍器
3  位相比較器       高周波増幅器
4  位相比較器       電圧制御発振器(VCO)
5  遅延回路        電圧制御発振器(VCO)


[演習問題34の解答と解説]
PLLの原理については、平成24年8月期から出題が始ま
り過去4回出題されています。
中クラスの難易度の試験には、珍しく、PLL  の原理に
関する問題では珍しく 同一問題では、 ありません。
また、その難易度も試験の度に上がっています。
今後、どの様に問われるかわかりません。と言う事は、
PLL全体の動作が分かっていないといけないと言う事で
す。
送信機に期待される性能の1つに送信周波数の安定と言
う事があります。 その為には、 水晶振動子を利用する
のが良いのですが、 ある帯域内で 送信周波数を変えて
運用する様な航空無線の場合、管制からの指示で 周波
数を変える度に水晶振動子を替える事は、困難です。


そこで、 水晶振動子を使った発振回路の 安定度を持ち
ながら周波数を自由に変えられる便利さを持ったPLLシ
ンセサイザーの利用と言う事になります。

それでは、PLLの復習から行います。
PLLとは、 Phase Locked Loop の事で試験では、”位
相同期ループ”と呼ばれています。

[PLLの原理]
図は、平成25年2月期に出題された 構成図を 当ブログ
の画像の表示に合わせたものでVCOを LPF の下に描い
てあります。



(基準発振器)
それでは、左上の”基準発振器”から見て行きます。



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (21)FM送受信機その2(PLL】

                     第21期受験直前講座
     (21)FM総受信機その2(PLL)

今回は、FMの直接変調他に用いられるPLLについての演
習問題です。                
今回出題します演習問題は、平成24年8月期に新設され
た問題で、その後、平成25年2月期に出題されています。
参考書では、 詳しく説明されていませんし「おや?」と
思う説明もありました。
以下の演習問題をされる前にもう一度、 当ブログで復習
を行ってから演習問題に挑んで下さい。
なお、 平成24年8月期と平成25年2月期では、 別の問題
になっています。平成24年8月期の図は、一般的なPLLと
は  言えない様なもので平成25年2月期に修正されたもの
のと思えます。
今回の演習問題では  平成25年2月期の問題をアレンジし
て出題いたします。

[演習問題34]
図は、 VHF帯送信機の発振部などに用いられる位相同期
ループ(PLL) を用いた周波数シンセサイザー発振器の原
理的構成例を示したものです。 (     ) 内に入れるべき
字句の 正しい組合せを 下の番号から選んで下さい。
  

    A                                      B
1  遅延回路        周波数逓倍器
2  遅延回路        周波数逓倍器
3  位相比較器       高周波増幅器
4  位相比較器       電圧制御発振器(VCO)
5  遅延回路          電圧制御発振器(VCO)

解答と解説は、次回行います。






以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング











テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第21期受験直前講座 (21)FM送受信機その1の解答

        第21期受験直前講座
     (21)FM送受信機その1の解答

今回は 前回出題いたしましたFM送信機の構成に関する
演習問題の解答と解説を行います。

[演習問題33]
次の記述は、 図に示した周波数変調 (F3E) 方式の送信
機の構成例について述べたものです。 (  ) 内に入れる
べき字句を下の番号から選んで下さい。
但し、 (  ) 内の同じ記号は、同じ字句を示します。

(1)発振器(水晶発振器)は、 アンテナから放射する
       電波の周波数の ( ア ) の周波数を発振する。
(2)A は、( イ ) である。
(3)B は、( ウ ) である。
(4)C は、( エ ) である。
(5)A は、B の出力の大きさに応じて発振器で発振さ
       れた高周波の ( オ ) を変える。
(6)C は、励振増幅器で増幅された変調信号を ( カ )
    する役目がある。

 1 整数倍    2 整数分の1   3 位相変調器
 4 周波数変調器         5 平衡変調器
 6 IDC 回路  7 AFC 回路   8 整合回路
 9 終段電力増幅器        10 振幅
11 位相     12 アンテナと整合して給電
13 電力増幅

[解答と解説]
(1)図-1を見ますと発振器の右の右に”周波数逓倍器”
       があります。
     周波数逓倍器は、発振器で発振した高周波の周波
       数を整数倍する為の回路です。
     と言う事は、問題文からしますとアンテナから輻
       射する 電波の周波数の”整数分の1”と言う事にな
       りますので 、”ア”の答えは、 ”2”

(2)A は、”位相変調器”です。
     周波数変調器の間違いでは、ありません。
     ”イ”の答えは、 ”3”
      FM送信機に何故、位相変調器が有るのでしょうか
      ?
    FM変調を行う方法には、以下の2種類が有ります。

      直接FM変調
      間接FM変調

  (直接FM変調)
   発振回路のコイルとコンデンサーに可変リアクタン
     ス素子と呼ばれる電圧によりリアクタンスが変化す
     る素子を接続しますと、音声の電圧に応じて発振周
     波数が変化します。この様に直接発振回路の発振周
     波数を音声信号で変化させる方式を 直接FM変調
     言います。

  (間接FM変調)
   音声信号を 積分回路に通した後で 位相変調 します
     と周波数変調が得られます。この様にして周波数変
     調を得る方式を間接FM変調と言います。

   直接 FM 変調は、周波数偏移を大きく取る事ができ
     ますが、周波数の安定度が悪くなります。
   一方、間接 FM 変調は、直接発振回路に働き掛ける
     事がないので周波数安定度は、良くなりますが、周
   波数偏移を大きくとる事ができません。
   周波数偏移を大きくすると言う事は、受信機で復調
    したとき、 大きな電圧を得る事が出来ると言う事に
     なります。
   なぜなら、FM 変調は、 電圧の大きさに比例して搬
     送波周波数の偏移が大きくなる方式だからです。

   ここで FM 変調と PM (位相)変調 の 波形 を見てお
     きましょう。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。


以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士
受験塾」
らのお知らせです。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリック
 しますとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉
  強することが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が
  付ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレス
まで。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング










続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?