leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第15期法規第6章業務書類 (1)航空機局に備えるべき書類

            第6章業務書類
        (1)航空機局及び航空機
        地球局が備えるべき業務書類 
        斜体文字は、法規の用語解説
         のページをお読み下さい。 


 


今回お話を致します、 備付けるべき業務書類と次回お話を致しま
す。業務日誌の記載事項は、ほぼ、毎回の試験に出題されます。
どちらか、一方だけの時もありますが、 両方の問題が出題される
事の方が多い様です。
また、業務日誌では、航空機に開設された局と地上に開設された
局の場合、違いますので、その違いを理解しておく事が必要です。

備えておくべき業務書類は、法律の改正で、かつては、 無線局の
種別によらず(備える事が合理的でない局を除く)数種類の同じも
のを備えなければ、なりませんでしたが、 今は、 無線局の種別に
より違い、また、共通して殆どの書類の備え付けが不要となりまし
たので、 独自に調べて勉強される方や 古い参考書をお使いの方
は、注意が必要です。
参考書をお買いになる方は、最新のものをお買い求め下さい。

それでは、航空機局 及び航空機地球局 に備付けるべき業務
書類のお話を致します。

無線局が運用を開始する為には、 総務大臣または、総合通信局
長が行う検査を受なけば、なりません。
そして、検査に受かれば、無線局の免許が与えられます。
しかし、 総務大臣または、総合通信局長は、免許を与えてその仕
事が終了した訳では、ありません。
定期検査を行い、 無線局が 正しく運営されているか 監督する義
があります。
それでは、定期検査と定期検査の間は、どの様に監督するかと言
事なります。


続きは、記事をお買い求めの上お読み下さい。
今、お読み頂いている内容は、全体の数分の1です。

    ----- 航空無線通信士受験塾
           
からのお知らせ-----

高校や大学の受験の時の事を思い出してみて下さい。
入学を希望する受験先は、試験を受けてみなければ、合格
するかどうか 全然分からない状態で受験しているでしょうか

有る程度、 合格が見込めるので頑張ってこられたのでは、
ないでしょうか?
合格が見込めるのは、受験指導のプロがいるからです。
それでは、 「航空無線通信士」の試験は、 どうでしょうか?
どんな勉強をどれだけすれば合格出来るかお分かりでしょ
うか?
分からずに暗記に頼るのは、無謀です。
目隠しをして車を運転する様なものです。
実際に60%以上の方が、この方法で失敗しています。
その数は、近年、上昇傾向にあります。

合格する為には、合格する為の方法があります。
当塾の受講生の方が、合格の手ごたえを感じながら、受験
勉強が出来るのは、勉強方法がわかり、理解出来るからで
す。
そんな、意味のある受験勉強を始めませんか?

TOITAの「航空無線通信士受験塾」は、会員制です。
案内書ご希望の方は、 以下のメール・アドレスへ「案内書希
F
」と書いてメールをお送り下さい。
すぐに、「案内書」をお送りいたします。
案内書」の請求は、コチラ⇒

         toitaーaero@har.bbiq.jp



このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング





続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?