leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第18期春休み特別企画 (2)独学で合格を手にする

      第18期春休み特別企画
      (2)独学て合格を手にする 

前回、独学の難しさをお話致しました。
今回の試験で上手くいったと手応えを感じた方は
それで良いのですが、上手くいかなかった方、前
回、 お話をいたしました様に 上手く いかないの
普通
であることを理解して下さい。
問題なのは、 何故、 不合格になったか理解出来
てない人は、次回も同じ結果になると言う事です。
前回もお話をしたと思いますが、 「失敗(不合格)
、恥では、ない。」 と言う事です。
失敗の原因を突き止め、解決策を取れば良いの
です。失敗は、成功へのステップに過ぎないので
す。
良くないのは、先に言いましたが、失敗の原因を
追求しない事です。 
よって、 当講座の受講生の方は、失敗の原因を
直視していますので 1回~2回 の受験で全科目
合格しています。 

前置きが永くなりましたが、 前回お話をしました
独学が難しい原因の克服策をお話致します。
それでは、もう一度、”独学が難しい理由”をご覧
下さい。 




(1) 「無線工学」や「電波法規」の学習が初めて
(2)  疑問に答えてくれる人がいない
(3) 参考書は、試験範囲を全て網羅していない
(4) 受験資格の難易度が分からない
(5) 現在の実力を判定出来ない
(6) 学習のペースを保てない 

それでは、”独学が難しい理由”の一つ一つについ
て考えてみましょう。

(1) 「無線工学」や「電波法規」の学習が初めて
  航空無線通信士を目指す方の大半は、文系
  の方です。
  ご自分の専門に少しでも近ければ、 可能性
  が有りますが、 180 度逆の分野では、 手の
  出し様がないのが当たり前です。
      人間、プライドが有りますので、弱点を認める
  事がなかなかできません。
  ですので、弱点を人に言う必要は、 ありませ
  ん。自分自身に「自分は、この分野は、 苦手
  なのだ。」告白する事です。
  これも、以外と難しいのですが、「自分は、こ
  の分野は、専門じゃないので分からなくて当
  然だ!!」と開き直ってしまいましょう。
  この現状を認めた方だけが、合格への路を
  歩きだせるのです。
  「現状を認めたのは、いいけれど、それでは、
  どうすれば良いの?」と 言う声が聞こえて来
  る気がします。
  当講座の受講生の大先輩のクロちゃんさん
  は、 数学を克服する為に、 中学生でも分か
  ると言う様な超入門書で勉強し、 電気回路
  の計算問題が出来る様になりました。
  (詳しくは、 クロちゃんさんの 受験体験記
  お読み下さい。)
  そうです。最近は、 この手の超簡単に理解
  できる優れた 書籍や ネットで情報がありま
  すので、これらを利用すれば良いのです。
  手前味噌で言いたくないのですが、 当講座
  は、文系の方を対象としています。
  理系の方に電気の話をするのは、割と簡単
  です。何故なら、ある程度、予備知識があり
  、考え方が理系頭だからです。
  当講座では、教える方が当たり前とおもって
  、 話さない事でも 文系の方が知りたい事か
  らお話をしています。当講座のテーマは、誰
  でもわっかると言う事です。とかく、だれでも
  分かる と銘打っている書籍などでは、 誤魔
  化している為に 本当の 知識にならないもの
  もありますのでご注意下さい。

(2)  疑問に答えてくれる人がいない
  疑問に答えてくれる人の条件は、2つです。
  1.疑問を持つ人 それぞれの現状に応じて
    説明をする。
  2.疑問への答えが次への学習の手助けと
   なる


  上の2つの条件を満たす為には、 皆様、 お
  一人お一人の 専属の講師が 必要と言う事
  です。
  これまた、 手前味噌になりますが、 当講座
  では、受講生の方からのご質問に1 回の掲
  載記事の文字数以上のメールでお答えをし
  ています。
  ご質問は、それぞれ、保管していますので、
  理解の進み具合に応じて、その都度その都
  度状況に応じてお答えする事ができます。

(3) 参考書は、試験範囲を全て網羅していない
  参考書やその他の書籍での対応は、無理か
  と思います。それは、一度、執筆された書籍
  は、なかなか、書き直して出版されないから
  です。
  この問題に対応する為には、新設問題にも
  対応している講座を受講する事です。
  当講座では、毎期、試験問題の出題傾向を
  分析し、次期試験の出題予想範囲を中心に
  お話をしていますので、新設問題に対応して
  います。
  勿論、新設問題に対応していなくても、受験
  参考書に書かれている範囲を十分に理解し
  ていれば、合格点は、取れます。

(4) 受験資格の難易度が分からない
  皆様、 お一人お一人にとって、 受験資格の
  本当の難易度を知る方法は、ご自分の理解
  が正しいか? 聞いてみる人を見つける事で
  す。
  聞いてみる事で、 理解が正しいか? 間違っ
  た理解をしているかが分かります。この事に
  より、ご自身にとって、本当の意味での難易
  度がわかります。

(5) 現在の実力を判定出来ない
  当講座で質問して頂く事で理解度が分かりま
  す。 正しい理解は、実力と言ってかまいませ
  ん。
  当講座では、 合格点の 2割ましの問題に正
  解する事を目的としています。
  当講座は、 出題数の多い項目から お話をし
  ています。 つまり、 受講を進める内に、その
  時点で受験したら 何点取れるか 想像がつく
  のです。
  確実に何点取れるか分かると言う事は、すご
  い事です。

(6) 学習のペースを保てない 
  前回もお話をしましたが、分からない勉強は、
  したくないですね。
  しかし、分かってくると面白くなり続けられます
  。
  それも、 1日の勉強時間が短くて済む程、 毎
  日続けられる様になります。
  当然の事ですね。
  当講座は、 学校でもない。 参考書でもない、
  第三の学習の方法です。ネットに繋がる環境
  であれば、 何処でも、 何時でも、学習出来ま
  す。
  現に、 世界約半数の地域で ご覧頂いていま
  す。

次回、当講座を体験して頂く為の「お試し会員」募
集のご案内を致します。

 


このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング

















スポンサーサイト

テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック