leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第19期番外編  受験の心得(極意)

           第19期受験直前講座
         ~受験の心得(極意)~

塾生の皆様、半年間、お疲れ様でした。
当塾を主宰しています、TOITAです。

いよいよ、試験が、間近となりました。
ここで、 コツコツと受験の準備をされてきた塾生の皆
様が「航空無線通信士」の試験に 合格する為の極意を
お話致します。
これからのお話は、 受験勉強を怠ってしまった方へは
、次回に繋がる重要なお話になりますので、 是非、最
後迄お読み下さい。

1.試験を必ず受ける
2.心身を万全な状態にする
3.計算問題は、途中の計算式も書く
4.試験会場は、最後迄居る

それでは、1つ1つご説明いたします。

1番は、当たり前ですね。宝くじでも買わなければ当
たりません。
「当たり前すぎて何を言っているのだろう?」とお思
いの方もいらっしゃると思いますが、一番重要な事
す。
すでに、受験準備は、万全と言う方は、良いのですが
、受験準備が充分でなく、今回は、受験を止めようと
思っている方がいらっしゃると思います。
実際に、近年、受験申請をしても受験されない方が増
えています。
皆様方の多くは、「無線従事者」試験を受験されるの
が、初めてになると思います。 
もし、今回は、試験を見送って、自信の付いた次回に
受験するとします。
すると、 その時が 初めての経験になりますので実力
が発揮できるでしょうか?
私は、大学で第1級陸上無線技術士の受験指導の時に 
「先生。 今回は、 自信がないから 受験しません。」
と言う学生に対して、「 名前を書くだけでも  いいか
ら 受験して来なさい。」と言っています。
受験会場の 雰囲気を見て来るだけでも、次回、受験す
る時に、大いに余裕となります
出来れば、 今の実力を知る為にも、出来るだけ答えを
書いてきましょう。
やっと書けた答えが1問だとしても、それが 現在の実
力なのです。 その実力の程を直視する事が次に繋がり
ます

現在の実力が分からなければ、 合格の為の対策の取り
ようがありません。
高い受験料を払った試験会場は、皆様のものです。試
験会場の雰囲気を見て来てください。 
 試験会場にいる人は、皆、見ず知らずの他人です。
試験会場は、ご自分の家だと思い、試験問題は、ご自
分が用意した、実力を確認するための問題集だと思え
ば良いのです。他の人を気にする必要は、何もありま
せん。


受験する事が、 合格証を手にする重要な第1ステップ
になります。


2番も当然な事ですが、受験の準備が万全だとしても
当日、風邪をひいて受験ができないと言う様な事があ
っては 半年間の努力が無駄になってしまいます。
試験の1日2日前にどんなに頑張っても効果は、知れ
たものです。 1日2日の頑張りですむなら1週間もミ
ッチリ勉強すれば合格出来るはずです。

試験の前日は、 おいしい物でも食べてゆっくり好きな
事をしてリラックスして下さい。
試験会場にいる人は、皆、見ず知らずの他人です。
試験会場は、ご自分の家だと思い、試験問題は、ご自
分が用意した、実力を確認するための問題集だと思え
ば良いのです。他の人を気にする必要は、何もありま
せん。

3番。問題用紙の裏に計算問題の式を書き、計算する
と思いますが、簡単な部分を頭の中で計算を行います
と、途中の過程が紙に残りません。
後で見直した時、 紙に残さなかった部分は、 正しい
ものだと 勝手に解釈してしまい、間違いに 気が付か
ない事があります。
試験問題は、良く出来たもので、途中の計算が間違っ
た時に得られる答えを選択肢に入れてありますので、
その場では、正しい答えを書いたものと思ってしまい
ます。
ちょっとしたミスで1問落とす事は、大きな痛手です

必ず、時間がなくても、計算の途中経過も書きましょ
う。


4番。良く、この科目は、自信がないから、早めに試
験会場を出て、次の試験科目の準備をすると言う人が
意外と多いのです。
皆様は、それを当然の事と考えるかもしれませんが、
次の試験迄の短い時間で本当に効果が有るのでしょう
か?
これは、2番でお話した事と同じです。
試験会場を早めに出るより、何度も何度も見直し をし
、失点を防いだり、分からない問題を解いた方が有効
です。
何度も見直していると 2度目の見直しで気が付かなか
ったミスに 3度目の見直しで気が付くと言う事も有り
ます。
当塾の卒業生のクロちゃんさんも最後まで、受験会場
にいたとその受験体験記に書かれています。
会場を見渡して、最後迄いる人は、当塾の受講生かも
知れませんね?是非声をかけてみて下さい。

それから、どうしても分からない問題でも 必ず答えを
書いて来ましょう。
書いた事により合格出来たら、後で、 分からなかった
所を勉強すれば良いのです。
分からなかった事は、悔しい事です。
一番大切な事は、「合格」する事。 次に大切な事は、
「分からなかった事をそのままにしない」事です。

試験では、 今持っている実力を充分に発揮する事です

仮に、 合格できなくても、その時の、実力の不足分を
正しく評価出来れば、次へ繋がります。
試験は、 一発勝負では、ありません。合格は、一歩一
地道に前進する方のみが、合格を手にします
不合格は、恥では、ありません。恥と思っている人に
合格は、ありません。

それでは、気楽な気持ち受験を楽しんで来て下さい。




以下、姉妹校TOITAの「航空無線通信士受験塾」からの
お知らせでした。
 


※TOITAの「航空無線通信士受験塾」の文字をクリックしま
 すとリンク先へ飛びます。


    ----- 受験塾からのお知らせ -----


次の様な方は、ご覧下さい。


1.勉強時間が取れない方
   私と1日45分だけお付き合い下さい。 


2.理系の勉強をされた事が無い方
   パイロットになる方は、文系出身者です。
   当塾は、文系の方専門の講座です。 


3.独学に不安がある方
   長年、無線従事者受験指導を専門にしてきました、
   私が無駄なく実力を付けるお手伝い致します。 

4.近くに受講出来る講座が無い方
  何時でも、何処でも何度でも、1日、何度でも勉強す
  ることが出来ます。

5.最新問題に対応
  受験参考書では、対応出来ない、新規の問題に対
  応した説明を読む事が出来ます。 

6.予備知識暗記不要 
  予備知識”0”からの出発。理解出来るので暗記する
  事なく、長期記憶となります。 

7.受験勉強がいやな方
  分かり易ければ、楽しく続けられます。
  毎日、少しづつの時間がさければ、楽に、実力が付
  ます。 


 当塾の特徴


1.合格に特化したカリキュラム
  当塾では、出題数の多い項目からお話をしています
  。
  無線工学では、”空中線と電波伝搬”。
  電波法規では、”無線局の運用”です。
   出題数の多い項目から理解する事で、合格に必要な
  得点を得やすくなります。
2.参考書に書かれていない事の説明がある
  当塾は、文系の方の為の講座です。
  参考書には、 書かれていない 文系の方が知りたい
  事からお話をしています。
3.質問者が納得できる回答
  質問される方、それぞれに、 個別のお答えをしてい
  ます。
  納得できるまで、何度でも質問して下さい
4.実力が感じられる
  出題数の多い項目から勉強しますので、勉強が進む
  につれて合格の手応えを感じます。
  当塾の受講生は、1 回または、2 回の受験で免許を
  手にされています。

入塾に関するお問い合わせは、以下のメール・アドレスま
で。
直ぐに、詳しい「入塾のご案内」をお送り致します。
受験相談も同時にお受けいたしております。
受験相談は、コメント欄からも受け付けています。
匿名でご相談下さい。 


お問い合わせは、コチラ⇒
 


     toita-aero@har.bbiq.jp





このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング


















スポンサーサイト

テーマ:航空無線通信士受験クラブ - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック