leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第10期第5章SSB送受信機  (5)SSB受信機の構成

今回は、SSB送受信機の最後としてSSB受信機の構成につ
いてお話をします。今迄にお話をして参りましたAMの受信機
と何処が違い何処が同じか整理しておいて下さい。
SSBには、独特の回路や求められる性能があります。


 
空中線の後からお話をします。

(1)高周波増幅器
  これは、A3E受信機の時と同じです。

(2)周波数混合器、第1局部発振器
  これも A3E 受信機の時と同じでいきなり高周波増幅器
  で必要なだけ増幅してしまいますと、増幅回路の中で発
  振してしまいますので、発振しない程度の増幅をして、更
  に増幅する為に中間周波数に変換する回路です。

(3)帯域フィルター
  A3EやF3E の中間周波数増幅器では、それぞれの変調
  波の帯域幅より広い帯域を増幅してもそれ程、支障は、な
  いのですが、SSB の場合は、出来るだけ3[khz] の幅以
  外は、通らない様な鋭い特性の帯域フィルターが必要にな
  ります。

この続きは、当ブログの記事の下の”ブロマガを購読する”
または、”この記事のみを購入する”をクリックしてお読み
下さい。
なお、購読に関する決裁は、”お客様”と”FC2ブログ様”
との間で行われます。

※当サイトは、日々、ベリサイン社によりサイト運営者
 の身元が確認がされ、マルウェアーでない証しとし
 ての安全マークが添付されています

 googleで”航空無線通信士”と検索しますと安全
 マークが添付されています。
 当ブログが安全ある事を確認の上ご利用下さい。

この記事が役に立つとお思いの方は、下のバナーのクリ
ックをお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?