leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第10期第7章国際電気通信連合憲章 (1)遭難の呼出及び通報他
今回から、国際電気通信連合憲章のお話をします。
法律には、元となる法律からその法律に派生した法律がありま
す。
例えば、国内に於いては、全ての法律の元は、憲法です。
憲章とは、条約や協定などと同じく国家間の取り決めです。
その為、電波法第3条で電波法に優先すると明記されています。
通常、条約等の国家間の取り決めに基づいて、その条約等の国
家間の取り決めを焼きなおした国内法が作られますが、その国
家の取り決めに相当する国内法が無い時は、国家間の取り決め
によると言う事で、国内のみを運航される方にも関係ない事では、
ありません。

今回は、国際電気通信連合憲章の内、遭難通信と伝送について
のお話をします。。


 以下、国際通信連合憲章の無線通信規則より。

(1)伝送
    
  ・全ての局は、不要な伝送、過剰な信号の伝送、虚偽又は、
   紛らわしい信号の伝送、識別表示のない伝送を禁止しされ
   ています。

   但し、長時間の伝送は、禁止されていません



この続きは、当ブログの記事の下の”ブロマガを購読する”
または、”この記事のみを購入する”をクリックしてお読み
下さい。
なお、購読に関する決裁は、”お客様”と”FC2ブログ様”
との間で行われます。

※当サイトは、日々、ベリサイン社によりサイト運営者
 の身元が確認がされ、マルウェアーでない証しとし
 ての安全マークが添付されています

 googleで”航空無線通信士”と検索しますと安全
 マークが添付されています。
 当ブログが安全ある事を確認の上ご利用下さい。

この記事が役に立つとお思いの方は、下のバナーのクリ
ックをお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?