leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第10期第9章電磁気 (1)電気の正体って?
TOITAの「航空無線通信士合格塾」第10期もいよいよ終
盤です。
当塾では、文系の方が一番苦手としている「電磁気」、「電
気回路」のお話を最後にしています。
本来、この2つの項目は、電気を学ぶ学校では、最初にや
りますが、当講座では、合格する事を主眼としていますので
受験に近い時期に行い記憶に残しておく為に最後にしてい
ます。

工学系の学校では、「電磁気」は、「電磁気学」と呼ばれ電
気を学ぶ者の基本となりますが、最近では、理解出来ない
学生が多い為に履修すべき科目から外されている大学が
ある様です。
その原因は分かりにくい高等数学のみで説明される点にあ
ると思います。幸いにも無線従事者試験で、電磁気が出題
される事は、日本の科学技術にとって良い事だと思います。
さて、本講座では、難しい「電磁気」を皆様の身の周りの事
に例えて分かりやすい解説を行います。
電磁気は、当然ですが、身の周りの電気に関する事に深く
関係しています。

受験参考書では、分からない事が「な~んだ。そうだった
のか。
」と言われる解説を目指しています。

「電磁気」は、文字通り「電気」と「磁気」のお話です。
しかし、どちらも元は、同じなのです。
今回のテーマ「電気の正体」を読んで頂きますと分かってき
ます。
それでは、今回のテーマ「電気の正体」のお話です。

1.電気の正体
 電気と言えば、家庭のコンセントに来ている奴で家電品や
 パソコン等を使うのに使う奴。それがどの様なものか考え
 た事もないと言う方が多いと思います。
 また、見た事がある人もいないと思います。
  今回、「電磁気」の最初に「電気の正体」についてお話す
 るのは、「電磁気」を分かりやすくする為です。
 また、航空無線通信士は、電気で動く無線機を使うのです
 から、将来、免許を取って、パイロットや管制官やカンパニ
 ー無線の通信を行う様になった時、専門以外の人から「電
 気て何。」と何気なく聞かれた質問に答えられらいと赤恥
 をかいてしまいますね。


 前置きが長くなりました。


原子のイメージ
 身のまわの全ての物質は、分子で出来ています。 また、
 その分子は、様々な原子の集まりで出来ています。その
 原子は、上の図で示す様に真ん中の赤で示した原子核
 その周りを廻る緑と青で示す電子で出来ています。
 上の図を分かりやすく同じ平面上を廻る軌道として描い
  た図が下の図です。 


この続きは、当ブログの記事の下の”ブロマガを購読する”
または、”この記事のみを購入する”をクリックしてお読み
下さい。
なお、購読に関する決裁は、”お客様”と”FC2ブログ様”
との間で行われます。

※当サイトは、日々、ベリサイン社によりサイト運営者
 の身元が確認がされ、マルウェアーでない証しとし
 ての安全マークが添付されています

 googleで”航空無線通信士”と検索しますと安全
 マークが添付されています。
 当ブログが安全ある事を確認の上ご利用下さい。

この記事が役に立つとお思いの方は、下のバナーのクリ
ックをお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村

















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?