leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第10期受験直前講座 (2)クーロンの法則と電界の解答
今回は、前回出題致しました演習問題の解答を行います。

[演習問題の2]
 次の記述は、クーロンの法則について述べたものです
(  )の内に入れるべき字句を下の語群から選んで答えて下
さい。

 (1)二つの点電荷の間に働く力の大きさは、それぞれの点電
   荷の大きさの( ア )に比例し、それらの間の距離の(
   イ )に反比例し、その方向は、両点電荷を結ぶ直線上に
   ある。
 (2)この法則において、二つが異種の場合は、( ウ )方向
    に力が働き、同種の場合は、( エ )方向に働く。

 (積) (和) (商) (差)
 (3乗) (2乗) (1乗)
 (反発する) (吸引する) 

お詫び
 語群の  3乗 と 2乗が それぞれ 3条 と 2条になって
 いましたのでお詫びして訂正いたします。


[解答]
(ア) クーロンの法則の式を見て頂きますと、分子でそれぞれ
    の電荷の電気量を掛けていますので、答えは、”積”。
(イ) 式の上では、分母の距離の2乗が出てきますので、答え
    は、”2乗”。
    この問題分は、球の表面積の求め方を知らない中学生
    向けですので、皆様は、球の表面積に反比例すると覚え
    て下さい。

この続きは、当ブログの記事の下の”ブロマガを購読する”
または、”この記事のみを購入する”をクリックしてお読み
下さい。
なお、購読に関する決裁は、”お客様”と”FC2ブログ様”
との間で行われます。


※当サイトは、日々、ベリサイン社によりサイト運営者
 の身元が確認がされ、マルウェアーでない証しとし
 ての安全マークが添付されています

 googleで”航空無線通信士”と検索しますと安全
 マークが添付されています。
 当ブログが安全ある事を確認の上ご利用下さい。

このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング


















続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?