leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第12期法規第7章国際電気通信連合憲章 (3)局の検査他

今回は、「局の検査」と「一般的な通信手続き」についてお話を
します。

9.一般的な通信手続き
 (1)航空局
  ア、航空局が航空機局を呼び出せる場合。  
    当該航空機にあてる通信があり、その局が聴守中で
    有る事。また、その航空局の 指定運用空域内でなけ
    ればなりません。
  イ、通信の優先順位
    時間的に接近した中で 複数の航空機局から 呼び出
    しを受けた時は、それらの航空機局の伝送の順序
    決める事が出来ます。
    (この場合、 航空局は、 どの航空機局と 優先的に通
    信をしても良いと言う事です。)  
  ウ、航空機間相互の通信への介入
    
航空局が介入する事が適当と認めた時は、航空機局
     は、航空局の指示に従わなければなりません。

 (2)航空機局
  ア、航空局のと通信連絡
    航空機局は、航空局の指定運用区域内に入った場合
    に限り当該航空局を呼び出す事が出来ます。
    また、呼出しは、航空機局の側から行います。
  イ、航空局の応答が無い場合
    航空局を呼び出しても 応答が無い場合は、 その後、
    10秒以上間隔をおいて呼び出さなければなりません。
    (これは、航空局が現に通信を行っている他の航空機
    局の電波を受信している為に応答出来ないと言う事で
    、呼び出した航空機局には、航空局が通信している相
    手の航空機局の電波が 受信出来ていないと言う場合
    です。)
  ウ、呼出しと呼出しの間の搬送波の輻射の禁止
 
    呼出しと呼出しの間に搬送波を輻射しては、いけませ
    ん。 

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。

     ----- 航空無線通信士受験塾
           
からのお知らせ-----

高校や大学の受験の時の事を思い出してみて下さい。
入学を希望する受験先は、試験を受けてみなければ、合格
するかどうか 全然分からない状態で受験しているでしょうか

有る程度、 合格が見込めるので頑張ってこられたのでは、
ないでしょうか?
合格が見込めるのは、受験指導のプロがいるからです。
それでは、 「航空無線通信士」の試験は、 どうでしょうか?
どんな勉強をどれだけすれば合格出来るかお分かりでしょ
うか?
分からずに暗記に頼るのは、無謀です。
目隠しをして車を運転する様なものです。
実際に60%以上の方が、この方法で失敗しています。
その数は、近年、上昇傾向にあります。

合格する為には、合格する為の方法があります。
当塾の受講生の方が、合格の手ごたえを感じながら、受験
勉強が出来るのは、勉強方法がわかり、理解出来るからで
す。
そんな、意味のある受験勉強を始めませんか?

当塾は、会員制です。
案内書ご希望の方は、 以下のメール・アドレスへ「案内書希望
F
」と書いてメールをお送り下さい。
すぐに、「案内書」をお送りいたします。
案内書」の請求は、コチラ⇒

         toita2217@mail.goo.ne.jp


このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング









続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?