leftmargin="0" topmargin="0" marginwidth="0" marginheight="0" bgcolor="#ffffff">
文系の方の為の「TOITAの航空無線通信士受験クラブFC2校」
参考書不要の”航空無線通信士受験クラブ”分かる講座で試験を突破!


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:工学系の勉強をされたことが無い方、参考書が分かりにくに言う方は、是非、お読み下さい。分かりやすく、実力が身につく講座です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



プロフィール

toita2217

Author:toita2217
第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者、第1種アナログ工事担任のTOITAが航空無線を目指す、皆様のお手伝いをします。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロマガ購読者向けメールフォーム



鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第13期法規第2章無線局の運用 (10)緊急通信

           第2章無線局の運用
             (10)緊急通信
         斜体 文字は、法規の用語
       解説のページを参照して下さい。



前回で一応、 遭難通信のお話は、 終わりですが、 全体
的なイメージを描いてみましょう。
遭難通信をする必要が有る場合とは、 操縦不能等の切
迫した状況で自力では、 人命の安全が守れない状況で
す。
人命に関わっている事ですので、全てに優先されるため
、 通常は、 許されない事、 例えば、 無線局の目的外通
信が許されるます。
次に、 通信そのものの問題ですが、 通信に使用される
周波数には、限りがあります。その為、同じ周波数を多く
の人が使います。十分に距離が離れていない限り、誰か
が使用すれば、他の人は、使えません。
遭難通信に於いては、 遭難機及び、 宰領局が使用しま
す。その為、その他の局は、現在の通信を直ちにやめて
傍受しなければなりません。
そして、 救助の体制ですが、 多くは、 洋上での遭難と言
う事になると思いますので、船舶による救助と言う事にな
るかと思います。
その為、海岸局から船舶局へ通報してもらわなければな
りません。
遭難通信が終了した時は、 通常、許されない事をした訳
ですから、遅滞無く 総務大臣又は、 総合通信局長へ報
告しなければ、なりません。
大まかにお話をしましたが、全体的なイメージを掴まれた
所で再度、 前回までにお話をした事を 読み返しておいて
下さい。一番重要な箇所ですから。

それでは、今回のテーマの緊急通信のお話です。

1.緊急通信が行われる場合


記事の続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



     ----- 航空無線通信士受験塾
           
からのお知らせ-----

高校や大学の受験の時の事を思い出してみて下さい。
入学を希望する受験先は、試験を受けてみなければ、合格
するかどうか 全然分からない状態で受験しているでしょうか

有る程度、 合格が見込めるので頑張ってこられたのでは、
ないでしょうか?
合格が見込めるのは、受験指導のプロがいるからです。
それでは、 「航空無線通信士」の試験は、 どうでしょうか?
どんな勉強をどれだけすれば合格出来るかお分かりでしょ
うか?
分からずに暗記に頼るのは、無謀です。
目隠しをして車を運転する様なものです。
実際に60%以上の方が、この方法で失敗しています。
その数は、近年、上昇傾向にあります。

合格する為には、合格する為の方法があります。
当塾の受講生の方が、合格の手ごたえを感じながら、受験
勉強が出来るのは、勉強方法がわかり、理解出来るからで
す。
そんな、意味のある受験勉強を始めませんか?

TOITAの「航空無線通信士受験塾」は、会員制です。
案内書ご希望の方は、 以下のメール・アドレスへ「案内書希望
F
」と書いてメールをお送り下さい。
すぐに、「案内書」をお送りいたします。
案内書」の請求は、コチラ⇒

         toita2217@mail.goo.ne.jp


このブログのランキングは、以下でご覧頂けます。

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング














続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?